Xperia Z5など、レビュー向け「ジャーナリスト版」ファームウェアが搭載されていることが判明。

201510101121

数多くあるソニーのXperiaシリーズですが、Xperia Z5やZ3など、一部のZシリーズにはメディア・ジャーナリストなどに提供するレビュー向け端末にカスタマイズされた特殊なOSファームウェアを搭載していることが判明しました。

Redditのユーザーによる発見で明らかになったもの。

これ、ちょっと気になったので、ソースサイト内を調べてみたところ、確かにXperia Z5向けにも同様に「ジャーナリスト版」、あるいは「プロモーター版」ファームウェアが存在しました。

201510101109

ただ、他の投稿者によると、こういったことはごく普通のことで、Xperia Z5 Compactでもレビュー用端末はベンチマーク測定ができないといった制限が設けられているケースがあるとのこと。

以前、Galaxyの一部機種でベンチマーク測定の際だけにCPUがクロックアップされるファームウェアの仕様が見つかりちょっとした騒ぎになったことがありましたが、必ずしもそういった目的の「カスタム化」ではないようですね。。

また、今回の件は今のところ投稿者自身も、これが「スキャンダル的」なものなのか、単にプロトタイプ的な一部機能を制限したプレビュー版ファームウェアなのかは分からないとのこと。

よって、現時点では騒ぎ立てるようなことではありません。

ただ、Xperiaシリーズには一部メディアやジャーナリスト向けの「レビュー用ファームウェア」がある、ということは紛れも無い事実なようですね。

ちなみに今回の件とは無関係ですが、このリストを見る限り、各ファームウェア名に必ずカラーが入っています

Xperiaシリーズはカラーによってもファームウェアが異なるのでしょうかね。

そういえば、Xperia Z5 Compactでは「ホワイト」だけでタッチパネルの不具合報告が挙がっていますが、ひょっとするとファームウェア起因なのでしょうか。