Xperia Z5、米国版では指紋認証センサーを撤廃。何らかの不具合が原因?

201601150957

昨日、米国でも発売が決定したとお伝えしたXperia Z5およびXperia Z5 Compact。

2月7日が発売となっていますが、この米国版Z5/Z5Cについて新情報がでてきました。

The Vergeが伝えたもので、これによると、米国で販売されるXperia Z5とXperia Z5 Compactには指紋認証センサーは搭載されない、とのこと。

The Vergeはかなり信頼できるソースなので、ほぼ確実な情報とみて良いと思います。

同じモデルでバリアントによって指紋認証センサーの有無がある機種、というのは過去に見たことがありません。

理由については全く触れられておらず、Z5の一つの売りである指紋認証センサーをわざわざ削るという変更に疑問点が残ります。

コスト面の理由かもしれませんが、Xperia Z5の指紋認証センサーは、発売当初は評判が良かったのですが、使っているうちに認証精度が落ちたり、認証や指紋の再登録自体ができなくなる(ボタンの汚れが原因?)という問題報告が多数出てきたのも事実。

ひょっとしてこの辺が理由で米国版では指紋センサーをなくすという決定をしたのかもしれませんね。

なんにしろ、変な憶測を払拭するためにも理由が知りたいところです。

コメント

  1. anonymous より:

    不具合と考えるよりコストをケチったと考える方が普通じゃないだろうか。