Xperia Z5、S810の発熱問題はやはり未改善かも。発熱によるカメラ落ち不具合報告

201509052131

Xperia Z5、Z5 Compact、Z5 Premiumに搭載のSnapdragon 810。

Z4にも搭載されており、発熱問題が報告されているこの「問題児」的なCPUチップ。

先日、Xperia Z5シリーズではこの発熱不具合が改善している可能性が高い、とお伝えしましたが、この件については撤回、少なくとも保留する必要がでてきました。

phoneArenaが伝えたもので、同サイトの記者がIFA2015の会場に展示してあったXperia Z5を触っていたところ、「端末を冷やすため、カメラをオフにします」といったメッセージが出て、俗に言いう「カメラ落ち」が発生したとのこと。

気になるのは、このカメラ落ちが発生した際、4K動画撮影どころか、写真撮影すらしておらず、カメラのオプション部分を触っていただけだったという点。

うーん、なんか非常に記憶に新しい、聞き覚えのある症状ですね。

もちろん、これはまだプロトタイプとのことで、今後のチューニングによってある程度の改善はあるかもしれません。

ただ、ただでさえ盛大な「前科」のあるS810を搭載した機種。

ユーザーとしてはこういった一報告でさえ、ナーバスになってしまいますよね。