Xperia Z5 Premiumの4Kディスプレイのスゴさが分かるiPhone 6 Plusとの比較画像

201511111942

今月下旬にドコモから発売されるXperia Z5 Premium SO-03H。

スマホ初となる4Kディスプレイ搭載ということで、先行発売のXperia Z5やXperia Z5 Compactを横目にジッと待っているユーザーも結構いるようですね。

ただ、このZ5 Premiumの4Kスクリーン、他の非4Kディスプレイと比較して実際に「どれくらい良いの?」「どれくらい違いが分かるの?」という疑問を持っているユーザーも多いのではないのでしょうか?

そんな4Kディスプレイの「違い」について疑問を持っているユーザーのため?になかなか興味深い比較画像が掲載されていました。

以下がXperia Z5 PremiumとiPhone 6s Plusのディスプレイに表示された写真や動画を別のカメラで撮影して比較したもの。

それぞれ上がiPhone 6s Plusで下がXperia Z5 Premium:

720p-Video_i6sPlus

720p-Video_XZ5P

News-App_i6sPlus

News-App_XZ5P

2MP-Photo_i6sPlus

2MP-Photo_XZ5P

この表示サイズでも十分違いは分かりますが、クリックしてオリジナルの画像サイズで表示するとその差はさらに顕著です。

iPhone 6s Plusは5,5インチで1080 x 1920px (401 ppi)、Xperia Z5 Premiumは5,5インチで2160 x 3840px (806 ppi)。

Xperia Z5 PremiumはiPhone 6s Plusとちょうど同じ大きさのディスプレイで倍の解像度なので、画素密度も倍、ということになりますね。

よって、違いが出るのは当たり前なのですが、iPhone 6s Plusのディスプレイ画質も実際に見ると相当クオリティーが高いです。

にも関わらず、こうやってビジュアルで比較するとさすが4Kディスプレイ、という感じがしますね。

こういったはっきりとした形で違いが分かる比較はこれが初めてではないでしょうか。

Xperia Z5 Premiumで実際に4Kディスプレイ表示が使われるのは動画や写真などを表示する際の一部アプリだけらしいので、常にこの「違い」を実感できるわけではありません。

が、それでも十分魅力的なような気がします。