Xperia Z5 Premiumの4Kディスプレイ、大半ユーザーが”不必要”と考えていることが判明

201509022206

昨日正式発表されたソニーの次期フラッグシップモデル、「Xperia Z5 Premium」。

噂通りの4K液晶を搭載とのことで、スマホ関連のニュースの話題を独占していますね。

ただ、その一方で、スマートフォンに4Kディスプレイが本当に必要なのか?という点について疑問の声が少なからず挙がっているのも事実。

早速、スマートフォンに4Kディスプレイは必要?というアンケートが行われていました。

結果は以下のとおり:

201509022159

実に、約6割のユーザーが不必要との回答をしており、少なくとも海外でも4Kディスプレイがスマホの購買判断をする上で重要ではないようですね。

また、別サイトでも同様の調査が行われており、こちらは3択のためか若干異なる結果ですが、それでも4Kディスプレイは「要らない」との声が大半を占めています。

201509022153

4Kディスプレイに対しては興味がそそられる一方で、バッテリーも持ちや発熱、処理負荷などへの心配があるのは否めません。

よって、ここで要らないと回答しているユーザーの心理としては、「4K液晶は魅力的(あるいは少なくとも興味はある)ものの、マイナス要素のほうが大きいのでは?」という思いがあるのではないかと思います。

ちなみにこれ、2Kディスプレイでこのバッテリー容量だったらかなり魅力的だったと思うのは私だけでしょうか?、

コメント

  1. 名無し より:

    806ppiとか虫眼鏡でも使うのかいな

  2. んほ より:

    galaxy S 6 と比べても色味とか画質もワンランク上だったし
    メイン機として普通に欲しいと思ったな