Xperia Z5、一部で電源ボタン陥没不具合。ズレて凹んで戻らなくなるとの報告

201511021012

ドコモ、au、ソフトバンクから販売されているソニーの最新フラッグシップ、「Xperia Z5」で電源ボタン・指紋認証センサー周りに構造的な不具合がある可能性がでてきました。

具体的には、電源ボタンの下部が本体側面のボタン穴に引っかかり、陥没したまま戻らなくなる、という症状。

この症状、以前お伝えしたことがある、電源ボタンがズレて隙間ができる、という症状と同じ問題だと思われます。

要は、電源ボタンが斜めに陥没することにより、ボタンの上部とボディーの間に隙間ができてしまう、ということ。

冒頭の画像は、以前お伝えした際の動画を切り抜き、拡大したもの。

ボタン下部が陥没し、上部分が出っ張っているのが分かります。

また、以下も同様

201511021127

当時は報告数が限定的だったことからごく一部のみで発生している個体不良かな?と思っていました。

ところが、国内版の発売後、同様の報告が複数挙がっており、海外でも増加傾向。

かなり発生範囲が広いのでは?という気がしてきました。

ひょっとしてこれ、押し方によってはどの個体でも発生する構造的な問題かもしれません。

ボタン上部を上にずらすようにスライドしながら押すと一時的には元に戻るようですが、これ、10万円近くする機種にしてはちょっとお粗末な出来ですね。

なお、海外フォラムや2ちゃんユーザーからの報告を見ている限り、症状が再現可能であれば今のところは交換対応となっているようです。

ただ、あまりにも発生件数が多ければソニー側もこの部分の構造を今後変更する可能性も十分ありえます。

初期ロットでハズレたくない!という方はもう少し様子見をした方が良いかもしれません。