カメラ自慢のXperia Z5、撮影速度比較でiPhone 6sやNexus 6Pなどに惨敗

201512311000

多くのスマホユーザーにとって重要な選択要素はスマートフォンのカメラ性能。

中でも最も重要なのが撮影された画像のクオリティーであることは言うまでもありません。

ただ、いくらが画質が良くても自分が撮りたい瞬間を捉えられなければ自分にとって「良い写真」にはなりません。

そういった意味で、撮りたい瞬間を捉えらえるための「撮影速度」もカメラ全体の性能を評価する上で非常に重要です。

そんな中、PhoneArenaがこの撮影速度比較をしていました。

対象機種はiPhone 6sや6s Plus、Xperia Z5、Galaxy S6などの主要モデル。

2015年スマートフォンのカメラスピード比較

201512311011

これはフォーカス速度、シャッター速度、画像の保存までの一連の動作にかかる時間を比較したもの。

1位のiPhone 6s plusと2位のiPhone 6sは一秒台でダントツですね。

一方、カメラ機能が自慢のXperia Z5は3秒とGalaxy Note5やS6、Nexus 5XやNexus 6Pにも大きく劣っており、ミドルレンジ機種並みの速度、といった感じです。

うーん、Xperia Z5のカメラは超高速フォーカス速度を売りにしていますが、いくらフォーカス早くても全体の撮影速度がこれだけ遅いとあまり意味がないかもしれません。

特に、じっとしていない子供の写真を取る時などは、フォーカス速度だけでなく、次の写真を取るまでの時間がクリティカルです。

ただ、この比較で評価されていないのはカメラが立ち上がるまでの起動所要時間。

これも「瞬間を捉える」ための性能として重要なので、非常に気になりますね。

ただ、あくまで体感ですが、このカメラの立ち上がり時間を比較してもXperia Z5は決して「速い」とは言えず、やはりiPhone 6s/6s PlusやGalaxy Note5、Galaxy S6に軍配があがるような気がします。

こう考えると、Xperia Z5シリーズのカメラはカメラのハード面の良さをソフトが十分出し切れていない、という印象を受けますね。

コメント

  1. 名無し より:

    うちのz3は2秒ちょいで保存まで終わる

  2. より:

    XperiaZ5 暗所でスリープ状態からカ撮影・保存完了までの時間が3秒
    件の記事では立ち上げの時間は含まれていないということだが、テスト動画もなくどういう環境でテストしているのかも不明瞭で信用に足らない