Xperia Z5、購入時に注意したいハード初期不良の疑い3つ。電源ボタン・隙間・液晶ムラ

ソニーの最新フラッグシップ機種の「Xperia Z5」。

昨日、ドコモ版のXperia Z5 SO-01Hの発売と価格が判明し、29日にauのSOV32、ソフトバンクの501SOと3社揃っての一斉発売になるようですね。

今週末にはユーザーからの様々な評価・評判報告が挙がってきそうですが、一足先に販売されている海外のユーザーからはいくつかハード面での初期不良・不具合の疑いのある報告が挙がっています。

液晶ディスプレイ中央部のむら

201510010144

XDA上に挙がっているこの症状。

具体的には、液晶ディスプレイの中央部分だけが明るく、ムラになっているというもの。

特に白い背景だと顕著な模様で、報告数はまだ数件ですが、明るく色ムラになっているのは全て同じ箇所のようです。

以下が元の画像のコントラストを上げてムラを強調したもの。

201510010144 (2)

液晶そのものの不具合というよりも、バックライトの照らされかたが不均一になっているようにも見えますね。

個人的には中央のムラよりも、画面下部のバックライト漏れの方が気になりますが・・・

電源ボタン・指紋認証センサーのズレ・陥没

以前もお伝えしたこの症状。

具体的にはZ5の電源ボタン・指紋認証センサーが下側にずれて、ボタンと穴の間に隙間ができるという症状。

201510251118

国内のショップなどで展示されているデモ機でもチラホラ報告が挙がっています。

201510251131

ただ、Z5に関しては電源ボタンがいまいち押しにくい、という報告が複数挙がっているのも事実。

よって、これに関しては端末の不具合というよりも、電源ボタンが押しにくいがゆえに、無理な力が複数回加わったことが原因、という構造的な欠点である可能性もあります。

ディスプレイとフレームの間の隙間

201510251216

電源ボタンとボリュームボタンの間あたりで、フロントパネルとサイドフレームの間に隙間がある、という問題

よく見ると、隙間の奥に金属部品の・ようなものがあり、それがサイドフレームを押し出しているようにも見えます。

この状態だと完全に防水性能が失われる可能性もあるので要注意ですね。

なお、これら3つの症状、今のところ発生範囲は非常に限定的で、どの機種でも起こりうる個体不良のレベルです。

よって、現時点では今後急激に報告数が増えたりしないかぎり、過剰な心配は無用だと思います。

一方、こういった類の不良問題は逆に発症例が少ないがゆえに、実際に発生すると購入後、家に買ってから気付いても後々面倒なことになりがち。

よって、特に上記3点については店頭での購入時、もしくは購入直後になるべく念入りにチェックするようにしましょう。