Xperia Z5、今度は指紋認証センサーに不具合か?勝手に指紋が読み込まれる「オバケ認証」現象

201511081528

国内ではドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアから販売されているXperia Z5。

指紋認証センサー兼電源ボタンが陥没する、という不具合が話題となっていますが、それ以外にも指紋認証自体に不具合がある可能性が浮上しました。

具体的には、指をセンサーから離しているのにも関わらず勝手にセンサーが反応して指紋を読み込もうとする、というもの。

ソニーの公式フォラムに投稿されていたもので、このユーザーの端末では指紋認証に失敗した際、その後5回ほど端末が勝手に認証を行おうとするとのことです。

また、XDAでは「ダブルタップ起動」をオンにしていると、端末がポケット内で勝手に指紋認証を試みる、という症状も報告されています。

この症状、指紋認証センサー部分を柔らかい布などで軽く拭くと一時的に症状が緩和するとのことなので、指の皮脂がセンサー側に付着して誤反応を起こしてる可能性が高いと思われます。

ただ、しばらく使っているとまた再発するとのことなので、やはり、センサーの感度、あるいは素材になんらかの問題がある可能性が濃厚ですね。

iPhoneを始め、複数の指紋認証センサー搭載機種でセンサーが指紋を認証してくれいない、という症状はよく見かけますが、勝手に認証を試みる、という現象はほぼ皆無。

幸い、今のところはセンサーの「誤反応」するだけで、「誤認証」まではしていないようですが、今後「誤認証」の報告が出てきたりするとセキュリティー上の問題に発展する可能性もあるので注意が必要ですね。