Xperia Z5 Compactには2種類のディスプレイが搭載されていることが判明。タッチ不具合と関連性?


201510141138

ヨーロッパで先行発売されている「Xperia Z5 Compact」。

国内ではドコモ版「SO-02H」が来月に発売されることが決定していますが、このZ5 Compactには2つのメーカーによるディスプレイパネルが搭載されていることが判明しました。

XDAのユーザーが明らかにしたもので、この投稿によると、Xperia Z5 Compactには:

jdi_novatek_hd_cmd_panel (Panel Name = 9)
lgd_novatek_hd_cmd_panel (Panel Name = 8)

という2タイプのディスプレイパネルが存在し、

JDI = ジャパンディスプレイ
LGD = LGディスプレイ

という製造メーカーになるようです。

Xperiaにかぎらず、1モデルに2社以上の異なるメーカー製のディスプレイが採用されることは全く珍しいことではありません。

また、今のところ、どちらのメーカーのディスプレイがどう、という良し悪しの評価は一切なく、違いは不明、もしくはない模様です。

ただ、Xperia Z5 Compactでは「ホワイト」に限ってタッチ反応の不具合報告が大量にでています。

よって、端末カラーによってディスプレイの製造メーカーに違いがあるようだと、このタッチ不具合との関連性が出てくる可能性があるので、続報に注意ですね。

なお、Xperia Z5 Premiumの4Kディスプレイについてはシャープが製造担当(おそらく1社独占)であることが判明していますが、Xperia Z5についてはコンパクト同様、この2社の異なるディスプレイパネルが搭載されている可能性が高いと思われます。

コメント

  1. ※anonymous より:

    >Xperia Z5 Premiumの4Kディスプレイについてはシャープが製造担当(おそらく1社独占)であることが判明していますが

    それが事実なら何故シャープは自社のスマートフォンに4Kはおろか2Kディスプレイさえ搭載しないんだろう?

    • 不思議な名無しさん より:

      端末に4Kや2Kのパネルを付けても訴求力がない、あるいは自社端末のみへの搭載では投資回収ができないから。