Xperia Z5 Compact SO-02Hのベンチスコアが出現。Z5よりも低め?

201510271038

11月中に発売予定のドコモのXperia Z5 Compact SO-02H。

この最新機種のベンチマークスコアがGeekbench上で発見されたのですが、これによるとSO-02Hは兄弟モデルのZ5 SO-02Hやグローバル版のZ5 Compactよりもパフォーマンスが低い可能性が出てきました。

以下がXperia Z5 Compact SO-02Hのベンチマークスコア:

201510271035

シングルコアが930、マルチコアが3200といったところ。

前モデルの同じZ3 Compactが2000台後半が平均なので、これよりは当然性能アップしているのですが、下の兄貴分、Xperia Z5 SO-01Hのスコアと比べると:

201510271042

Z5 SO-01Hはバラつきはあるものの、平均して3500-4000の間といったところ。

また、一足先に発売されている海外版Xperia Z5 Compact、「E5823」は:

201510271044

平均してマルチコアで3700-3800といったところでしょうか。

これと比べるとSO-02Hは500程度スコアが低いということになるので、チョット気になりますね。

また、比率的にはシングルコアのスコア差はさらに大きくなっています。

もちろん、SO-02Hのベンチテストは同じ日に行われた測定、しかも2つしかサンプルがないので「たまたま」である可能性もあります。

Snapdragon 810を搭載しているので基本的には大きな差は出ないはずなのですが、どうなんでしょうか。

まさかドコモ版だけクロックダウンされている、なんてことはないですよね。