Xperia Z5は水中使用不可。ソニー、Z4、Z3などのXperia機種の防水解釈をコソっと変更か


201509110105

10月・11月にリリース予定のXperia Z5、Z5 Compact、Z5 Premium。

これら3つの最新機種について、従来と同じ防水仕様IP68であるにもかかわらず、水中での使用はできないことが判明しました。

ソニー公式サイトのZ5のページに記述されていたもので、新たに:

* The Xperia Z5 is waterproof and protected against dust, so don’t worry if you get caught in the rain or want to wash off dirt under a tap, but remember: all ports and attached covers should be firmly closed. You should not put the device completely underwater or expose it to seawater, salt water, chlorinated water or liquids such as drinks.

という注意書きが加わっているのが発見されました。

要約すると、

Xperia Z5は雨に濡れたり、水道水で洗い流す程度なら問題ないが、完全に水中に沈めることはしないでください

ということ。

これは今までには見られなかった記述です。

確かにXperia Z5のプロモ画像では雨に濡れている画像はあっても端末が水中に沈んでいる写真は一枚もありません。

ただ、どうやらこの水中防水に対するスタンスの変化はZ5シリーズに限ったものではない模様。

というのも、同サイトの防水仕様についての説明ページにも:

「端末を水中では使わないでください」

「IP性能はラボ環境のスタンバイ状態行われたものなので、水中で写真を撮るなどの使用はしないでください」

と書いてあります。

つまりは、Z5だけでなく、Z4や‘Z3、Z3 Compact、Z2などなど、すべてのIP68防水仕様の機種で水中使用はしないでください、ということです。

ソニーはXperiaシリーズのIP68の防水性能に対するスタンスを完全に変更した、ということですね。

というのも、つい最近までソニーはIP68機種について水中使用が「可能」どころか、「推奨」するようなプロモーションを展開しています。

例えば、Xperia Z3のこんな画像や

201509110051

Xperia Z3 Tabletのこんな画像、

201509110052

Xperia Z1のこんな画像など

201509110052

言葉では表現していなくても、「明らかに水中での使用が可能ですよ!」と思わせる画像であることは間違いありません。

この記述をいつ変更したのかは定かではありません。

ただ、画像からみて、少なくともZ3リリース以降であることは間違いありません。

それを今更「水中で使えないよ!」っというのはどうなんでしょう。

この変更を知らない限り、いまだに「Xperiaは水中でも写真が撮れる」と思っているユーザーは多いはず。

コソッと変更するのではなく、浸水被害が拡大する前に、防水仕様へのスタンスが変更されたならばちゃんとユーザーに告知するべきだと思います。