Xperia Z4 SO-03G、Zシリーズ史上過去最低のバッテリー持ち評価。夏モデル比較でも最低レベル

201506141031
先週発売されたドコモのXperia Z4 SO-03G。

発売前より発熱とそれに伴う電池持ちの悪さが懸念されていましたが、実際のユーザー評価についてもかなり芳しくないようです。

6月14日時点の価格.comでの評価では「人気」、つまり注目度ではトップである一方、バッテリー持ち評価ではかなり悪い評価となっています。

過去のドコモのXperia Zシリーズと比較すると:

機種名バッテリー評価
Xperia Z4 SO-03G3.18
Xperia Z3 Compact SO-02G4.41
Xperia Z3 SO-01G4.25
Xperia Z2 SO-03F4.42
Xperia Z1 SO-01F3.83
Xperia Z1 f SO-02F4.55
Xperia Z SO-02E3.79

3.18はXperia Zシリーズ史上最低。

また、ワースト2や3と比べてもかなりの差があるので、多少の誤差があったとしても統計的に有意であると言って良いと思います。

それにしても3点代前半のバッテリー持ち評価とは、一昔前に爆熱騒ぎをやらかしたARROWSやMEDIAS並みのスコアです。

また、まだレビュー数が限定的な機種もあるので断定はできませんが、Z4のバッテリー評価は全体的にバッテリー持ちが良くないといわれているARROWS NX F-04Gやその他の夏モデルに比べても最低レベルです。

今後、Android OSを安定化などによってある程度は改善する可能性もなくはないと思いますが、通常はレビュー数の増加とともに評価が上がる、ということはほとんどありません。

よって、スペック上の数値はおいておいても、現状で「使用感」としてのバッテリー持ちを期待しているユーザーにはオススメできない機種、といったところでしょうか。