ソニー、Xperia Z4の発熱問題を認める-夏の間に改善アップデート提供を約束

201506121402
ドコモの「SO-03G」、auの「SOV31」、ソフトバンク「402SO」と、3キャリアの夏モデルとして勢揃いした「Xperia Z4」。

この機種、発売前よりSnapdragon 810による発熱問題だ懸念されていましたが、発売後も事前評価通り。
複数のユーザーより発熱についての不満の声が複数挙がっており、この問題は同機種がXperia Z3+として発売される海外でも関心が高いようですね。

そんな中、このXperia Z4/Z3+の発熱問題についてソニーが認めた模様です。

phoneArenaがオランダ系メディアの記事を伝えたもの。

これによると、Xperia Z4には64bit オクタコア特有の発熱があり、特殊な放熱仕様のため、他機種よりも熱く感じること自体は「正常」だとのこと。

その一方で、一部でこの発熱に伴うカメラ停止やアプリ落ちが発生しており、この問題については夏の間に提供されるアップデートで改善する、とのことです。

元のソースがオランダ語なのでちょっと分かりにくい部分もあるのですが、まとめると:

・S810搭載のXperia Z4が旧モデルや他機種よりも発熱することは事実かつ、異常ではない。
・ただ、発熱に伴うカメラ機能障害などが発生しているのも事実なので、これについては今後のアプデで修正予定。

ということですね。

発熱問題はないに越したことはありませんが、少なくとも製造元が問題を認識してくれてい、ということ自体はグッドニュースではないかと思います。