Xperia Z3、Android 5.0.2アプデ後の性能変化は?4.4.4との比較

201510151413

夏にリリースされたドコモのXperia Z3 SO-01G向けAndroid 5.0.2アップデート。

不具合により一旦アップデート提供が中断されるといったこともありましたが、今では大部分のユーザーがアップデート済みとなっているようですね。

さて、そんなXperia Z3のロリポップ・アップデートですが、実際のアップデート後の処理性能については変化はどうなのでしょう。

口コミや個人での比較報告は複数ありますが、統計的にどうなのか?という点が気になるとこと。

というわけで、今回はGeekBenchで公表されている複数ユーザーによる5Z3のAndroid 4.4.4搭載時のスコアとAndroid 5.0.2搭載時のスコアを比較してみました。

データは5.0.2、4.4.4を搭載したSO-01Gでの過去100回分のもの。

この平均値が以下のとおりです。

Xperia Z3 SO-01G
Android 4.4.4
Xperia Z3 SO-01G
Android 5.0.2
シングルコア956948
マルチコア25822746

シングルコアでは4.4.4の方が若干優っていますが、1%にも満たない差なので、まあこれは誤差の範囲内だと思います。

一方、マルチコアではAndroid 5.0.2搭載Z3の方が4.4.4よりも7-8%近くスコアが高くなっています

ちなみに詳細集計はしていませんが、兄弟機種のXperia Z3 Compact SO-02Gでも5.0.2と4.4.4の間で似た結果がでていました。

Android 4.4.4→5.0.2バージョンアップでは、複数のユーザーより異常バッテリー消費などのマイナス評価が多いのも事実。

ただ、少なくとも動作パフォーマンスにおいては多少なりともロリポップアプデで向上した、と言っても良いと思います。