Xperia X Performanceのカメラ、手ぶれ補正機能「ステディショット」がZ5から大幅進化している模様。比較動画公開

201605200831

国内キャリアから6月に発売される「Xperia X Performance」。

この新型Xperiaのカメラには従来のXperiaモデル同様、Stedyshotこと「インテリジェントアクティブモード」と呼ばれる電子式手ぶれ補正機能が搭載されています。

そして今回、兄弟機であるXperia Xでのこの「インテリジェントアクティブモード」をオンとオフにした際の比較動画が公開されていました。

恐ろしくブレがなくスムーズな映像になっていますね。

ただ、画像を電子的に処理するせいでしょうか。インテリジェントアクティブモード・オンだと画像が全体的に白っぽくモヤが掛かったようになっており、画質自体はインテリジェントアクティブモード・オフの際の方が鮮明です。

ちなみに以下がXperia Z5 のインテリジェントアクティブモードでの比較動画

こちらでは画質自体もインテリジェントアクティブモード・オンの状態の方が綺麗に映っていますね。

一方、撮影環境も異なるので両者の画質比較はあまり意味がないと思いますが、ブレの「補正度合い」という意味では確かにXperia Xはかなり優秀。

Z5から大きく進化している模様です。

コメント

  1. soad より:

    Z5 Premumにしようと思ってたのに、この動画見たらX Performanceも良いなと思えてきた。悩む・・・