Xperiaスマートフォンの謎の「メンテナンス更新」について一応説明、「問題ございません。」

201610201401

1週間ほど前にソニーから複数のXperiaスマートフォンに対して提供された「メンテナンス更新」。

今のところ「メモリー」アプリのアップデートだったことが明らかになっていますが、先日もお伝えしたとおり、この更新後に複数のXperiaユーザーより端末の異常発熱や異常電池消費と言った報告が挙がっています。

この件について一応、ソニーが説明文を公式サイト上に掲載していました。

2016/10/14に通知された、Xperiaスマートフォン一部機種向けの「メンテナンス更新」について
2016/10/14に、OSバージョン、Android 6.0の日本国内向けXperiaスマートフォンに対して、弊社一部アプリの機能改善を目的とした「メンテナンス更新」を配信致しましたが、更新内容が表示されない状態であった為、本配信を一時停止いたしました。
更新されたソフトウェアには、問題ございません。
更新プログラムは準備が出来次第再配信致します。

要は、「アップデートでトラブラルがあって提供を中止したけど悪影響はないよ」ということですね。

うーん、一応公式なアナウンスをしたという点は評価しますが、なにかスッキリしません。

「更新内容が表示されない状態であった為」というのは「〇〇を更新しましたよ」的な表示がでないということでしょうか?

それとも更新が反映されなかったということでしょうか?

なんか逃げ腰な説明に見えます。

Xperia Z3やZ3 Compact、X Performanceなどではこのアプデ後に端末が異常発熱をしたりバッテリーの減りが顕著に早くなったという報告が多数上がっています。

また、Xperia X Performanceで発生している画面が回転しない不具合や他のセンサーが作動しない問題の原因がこのアップデートでは?という指摘もあります。

もちろん、ソニー側が言うとおりこの「メンテナンス更新」と一連のトラブルは無関係である可能性もありますが、そうならばもう少し詳細に説明をしてほしい気もします。

コメント

  1. soad より:

    「更新内容が表示されない状態であった為」
    これは更新を促す画面で、画面下部に本来表示されるはずの更新内容の「説明文」が表示されなかった。とういう事ではないでしょうか?

    実際、自分の端末では画面に「メンテナンス更新」と出てその下部に出るはずの説明文が読み込み中みたいな感じでずっと表示されませんでした。