Xperia XZs vs XZの性能比較、グラフィック処理はXZから向上の模様。GFXベンチマークに登場

ソニーがMWC 2017で発表した2017年版Xperiaの1つ、Xperia XZs。

Xperia XZのアップグレード版という位置づけで、Xperia XZ Premiumと比べると注目度はかなり低いという印象です。

ただ、発売時期は一部地域では4月初旬と6月以降のリリースとなるXperia XZ Premiumよりかなり早く、先日もこのXperia XZsがGeekbench上で発見されたという件についてお伝えしました。

そして今回、このXZsが初めてGFXベンチマークにも登場しました。

201703211307

ちなみに以下はXperia XZのスコア。

201703211308

GFXベンチマークはGeekbenchよりもグラフィックの処理性能を重要視していると言われています。

XZsとXZは同じCPU/GPU搭載なのでスコアに大幅な違いがでるはずはありませんが、それでもいずれの測定方法でもXperia XZsがXZを上回っています。

だいたい5%-15%のスコア差、平均1割といったところでしょうかね。

これがOSの違い(XZはまだAndroid 7.0が最新、XZsはAndroid 7.1.1搭載でリリース)によるものなのか、なんらかのマイナーなハード的な変化によるものなのか不明です。

ただ、GeekbenchのベンチスコアでもXZsのほうがXZよりも若干スコアがアップしているので、理由はともかく、XZ→XZsで何らかの性能が向上していることは確かだと思われます。