Xperia XZ2には6GB RAM搭載版も存在!台湾や香港で発売

昨日発表されたソニーモバイルの新型ハイエンド・フラッグシップ、Xperia XZ2。

前モデルXZ1からとのスペック比較、進化点などについてはこちらでまとめたとおりですが、表に出ているいわゆる「公式スペック」以外にもXZ1から大きな進化があることが判明しました。

というのも、このXperia XZ2、グローバル版のスペック表ではメモリは4GB RAMですが、一部の国・地域では6GB RAM版も存在することが確認されました。

ソニーモバイルのXperia XZ2ページ(香港)↓

ソニーモバイルのXperia XZ2ページ(台湾)↓

Xperia XZ2のメモリについては発売前より国・地域によって4GBと6GB RAMモデルが用意されるという噂がありましたが、やはりこれは本当だったようですね。

Xperiaで6GB RAMを搭載するのは今回が初、さらにXperiaが同一機種で異なるメモリ容量のバージョンを展開するのもこれが初めてではないでしょうか。

そうなると気になるのは日本版XZ2がどちらになるのか、という点ですが。6GB版を展開すれば結構評価が上がるような気もします。

なお、香港版サイトを見る限り、Xperia XZ2 Compactのメモリについては4GB RAMのみのようです。

Xperia XZ2とXperia XZ2 Compactの公式価格と発売時期が判明、XZ2の価格はXZP以上

コメント

  1. あのにます より:

    有機EL搭載って話はどうなったんだろう?

  2. xz より:

    RAMを2GB増やすとしたら電池持ちが数時間分変わる
    せっかく増やした電池容量をRAMに吸い取られることになるから4GBの方が俺はうれしい

  3. arrows man より:

    少なくともRAM6GBならバッテリー容量3500mAhは必要でしょう。
    現状大体のアプリは最低3GB必要ですが、4GBならスムーズに動作しますし。