“Xperia XZ2 Pro”のベンチマークが発見、4K+18:9ディスプレイ搭載のAndroid 8.1

先日海外の大手キャリアがリリースをお漏らし発表してしまった2018年版のXperiaフラッグシップ、Xperia XZ2。

このXZ2の上位モデルにあたると思われるXperia XZ2 Proというモデルがベンチマーク測定サイトで発見された模様です。

Reddit上に貼られていたスクリーンショット↑

このXperia XZ2 Pro、Android 8.1を搭載しておりスクリーン解像度は424x848pxとなっています。

このベンチマークサイトに表示される解像度の値は機種によってばらばらで実際のスクリーンの解像度とは異なることがほとんど。
よって、この数値は参考になりません。

ただ、解像度”比率”は基本的に常に正確なので、このXperia XZ2 Pro H8166は18:9ディスプレイ搭載ということになります。

一方、H8166という型番は昨年末にUnProf上で発見されており、その時点で4Kディスプレイを搭載していることが確認されています。

つまり今回の情報と合わせると、このXZ2 Proは4K 18:9スクリーンを搭載、ということになります。

ただ、これらの情報はあくまでこのスクリーンショットが本物であったら、という仮定でなりたつもの。
私の探し方が悪いのか元サイトでは今のところこの計測結果を見つけることができていないので、スクリーンショット自体が偽装されている可能性もあります。

ちなみにあと2週間ちょっとに迫ったMWC 2018では先日、ソニー関係者がXperia XZ Premiumの後継機を発表することを明言しています。

XZPの後継機、といえば普通はXZ1 Premiumという機種名が浮かびますが、実在するとすれば当然これも4Kディスプレイ。

今回のXZ2 ProとあわせてMWCで4Kディスプレイ搭載のXperiaを2機種も同時発表するとは考えにくいので、もし今回の情報が本物であるならば、XZPの後継機はXZ1Pではなく、このXperia XZ2 Proである可能性が高そうです。

なお、FCCでは最近PY7-21831A、PY-24118Q、PY7-72474Uという3モデルが認証通過していますが、このXZ2 Pro、実在するとすれば5.7インチのイヤフォンジャックなしモデル、PY7-21831Aに該当しそうですね。

コメント

  1. arrows man より:

    既存XZPやXZ1、XZ1CPの8.0特有の不具合が解消されてるといいですね。