次期Xperia、XZ2 Premiumには”X-DIMENSION DIVERSITY”機能を搭載か。ワイヤレス音響装置?画面埋め込みスピーカー?

Xperia XZ2とXperia XZ2 Compactに続くフラッグシップとして近々Xperia XZ2 Premiumのリリースが噂されている今日このごろ。

この次期Xperiaにちょっと興味深い新機能が搭載される可能性がでてきました。

Esato上のユーザーがソニーのトレードマーク登録を見つけたもの。

X-Dimension Diversity、直訳すると”X次元の多様性”というSFちっくな意味不明な言葉になってしましますが、説明文をみるとワイヤレスに音響情報を送信、受信する技術、ということは間違いなさそう。

よって、Esato上ではBluetoothに代わるヘッドフォンやワイヤレススピーカーなどとオーディオ情報をやり取りする何らかの新規格・技術では?という推測もあります。

また、その他の可能性としてはディスプレイ埋込み式のスピーカー技術では?という指摘も。

一方、Wikipediaでちょっと調べてみたところ”ダイバーシティー”というのは無線工学では:

複数のアンテナで受信した同一の無線信号について、電波状況の優れたアンテナの信号を優先的に用いたり、受信した信号を合成してノイズを除去したりすることによって、通信の質や信頼性の向上を図る技術のこと

とのこと。

よってオーディオ関連に技術というよりもデータ通信やWiFi通信の電波受信を向上するための何らかの新技術である可能性もありますね。