Xperia XZ2でちょっと気になる不具合、ディスプレイに横線が入るとの報告

すでに台湾や香港、ヨーロッパの一部で発売されているソニーモバイルの最新フラッグシップ、Xperia XZ2。

今のところは致命的な不具合報告もなく、全体的に高評価という印象ですが、一点だけ不具合疑いのあるちょっと気になるディスプレイ周りの問題点報告が挙がっています。

公式フォラム上で報告されていたもので、具体的にはディスプレイに白っぽい横線が複数入る、というもの。

発生状況としては、ポケットなどから取り出してスリープ復帰した直後によく発生するようで、しばらく画面を点けた状態にしておくと線は消えていくとのこと。

フォラム上ではこういった症状は気温が低い状態にあるLCDでよく発生し、同様の症状がXZ1でも発生しているという報告もあります。

よって、現時点では不具合と断定はできませんが、今後報告が増えてくるようだと不具合・仕様にかかわらず「気になる問題」となる可能性はあります。

前モデルのXperia XZ1では一部で画面に斜線が入る、という報告がチラホラありましたが、これとは全く異なる症状のようです。

ちなみにこの画像、”ツムツム”のアプリアイコンがあることから日本人ユーザーからのものっぽいです。

ただ、今までのXperiaと違いSONYロゴが端末上部にないのでXperia XZ2シリーズであることは間違いないと思うのですが、ボディーの色としてはXZ2ではなくXZ2 Compactのようにも見えます。

ソース