Xperia XZ2のカメラで使い物にならないレベルの不具合、動画のコマ落ち・カクつき

国内でもドコモ、au、ソフトバンクの2018夏モデルとしてリリースされるXperia XZ2。

前モデルのXZ1からかなりグレードアップされたカメラ機能が1つの売りとなっているこの最新Xperiaで動画撮影におけるちょっと深刻な不具合報告が挙がっています。

具体的には動画撮影の際に撮影した動画がカクつく、「コマ落ち」と呼ばれる症状。

下の動画では一瞬、通信の問題によるストリーミングの問題かと思えるほどはっきりと動画がフリーズしてしまっているのが分かります。

また、こちらもかなり症状が顕著↓

この症状、まだ発生報告が少ない頃にこちらのXperia XZ2およびXperia XZ2 Compactの不具合まとめで一度お伝えしているのですが、この時点では4K動画撮影のみで発生する症状だと思われていました。

ところが報告が増えていくにについれ、比較的負荷の低いはずの1080p@60fpsでも同様の症状が発生することが判明しました。

確かに4K動画撮影は一般ユーザーが日常生活で使う分にはちょっとtoo muchな部分もあり、これに若干の不具合があっても困る人は限定的だと思います。

一方、1080pでの動画撮影は今やハイエンドモデルではデフォルトの画素数で、これに問題があるということは、普通の動画撮影すらまともにできない使い物にならないレベルのカメラ、ということにも。

この手のトラブルは動画の保存先をmicroSDにしており、原因がmicroSDの書き込み速度にある、というケースも少なくありません。

ただ、今回の不具合は動画の保存先を内部ストレージにしても外部ストレージにしても同様の症状が発生するとのことのなので、少なくともmicroSD絡みの問題でないことは確か。

また、他のアプリを使うと若干症状が軽減されるという報告もありますが、完全にはなくならないとのこと。

よって、カメラアプリだけが原因ではない不具合の可能性、つまり、カメラモジュール自体に何らかの不具合がある可能性も否定できません。

コメント

  1. ピース より:

    改善することを願います