Xperia XZ2 Compactは”最後のハイエンド・コンパクト機種” に、今後はミッドレンジ仕様

ソニーモバイルがMWC 2018で発表し、先日ベンチスコアも発見されたXperia XZ2シリーズの小型モデル、Xperia XZ2 Compact。

この最新コンパクトXperiaの”後継機”についてちょっと興味深い情報がでてきました。

Weibo上では一二を争う有名リーカー、Zackbucks氏からのもので、これによるとXperiaのコンパクトモデルのリリースは1年に1モデルだけ。また、フラッグシップと同じCPUを搭載したCompactモデルは今回のXperia XZ2 Compactが最後になる、とのこと。

つまり、Xperiaのコンパクトモデルは今後もリリースされるものの、今年中にXZ2以外のコンパクトモデルがリリースされることはない、ということ。

さらにS845搭載のXZ2 CompactやS835搭載の前モデルXZ1のようにフラッグシップモデルと同じCPUを搭載したコンパクトXperiaは今回のXZ2が最後になり、つまり、ハイエンドのXperia Compactが今後リリースされることはなく、ミッドレンジ仕様になるようです。

秋にリリースされるであろうXperia XZ3シリーズでXperia XZ3 Compactのリリースを期待していた人にはちょっと残念なニュース。

ただ、確かに1年に2モデルもコンパクトXperiaをリリースして欲しいかと言われると微妙なところ。

また、5インチ以下のコンパクトモデルにハイエンドスペックが必要か?と言われるとこれまた微妙。

個人的にはコンパクトモデルはXperia X Compactのようなミッドハイ・スペックの機種で十分なような気もします。

コメント

  1. xperia x compact より:

    あれ、、、ミッドレンジは売上悪くてやめるって見たような、、、、、、?気のせいか?

    • やつてとも より:

      たしかにXシリーズのXライン(XA・X・XZの真ん中)は
      廃止になってましたよね。去年のロードマップでは。

      まあおそらく変更を余儀なくされる状況なんでしょう、きっと。

  2. xz より:

    むしろ全部年一回でいいよ
    キャリアの買い替え促進の悪習に付き合ってられんでしょ
    今はスナドラの600番台は前世代の800番台と同じくらいの性能を出してるしそれでいい
    ただ、高いもの=安心な日本人には無駄に高いほうが売れるから困ったもんだ

    • xperia より:

      810のGPUのほうが650のGPUより圧倒的に上です。まあ僕はゲームをしないのでどっちでも良いですけどねw

      • arrows man より:

        そもそも普段からゲームをよくするヘビーユーザーは、国産機種はまず選びませんけどね。
        スペックやブランド力に踊らされ、実用性は二の次……だから世界で唯一Appleが売れる国なんでしょう。

      • xz より:

        Androidを選ぶ時点でゲーム目的じゃないからね

  3. サボり魔 より:

    う〜む、どうなんでしょうね。
    現在X compactユーザーですが、ゲームをするときなどはスペック不足を感じるときがあるのですが…

  4. arrows man より:

    arrowsはF-01Jからミドルハイエンドに移行しましたね。
    重い3Dゲーム以外ならば動画再生も問題はありませんし、フルセグも余裕で見れます。

    それにF-01Jは2850mAh、F-01Kに至ってはローエンドのF-05Jと同じ2580mAhと電池容量が少ない割にSD6xx系の省電力CPUのお陰で普段使いでは長持ちしています。

    下手なハイエンドで発熱、電池食いするリスクを考えれば賢明な判断では?

  5. ななななな より:

    Xperia X Compactと同じというか…
    いや、いきなり対応バンド減少!とかなると恐ろしいなと。
    国内だと困りますし。

  6. ななし より:

    ミドルレンジってことは日本発売もなくなっちゃうのかしら
    はたまたキャリア用特別仕様機でも出すのか