MWCで発表のXperia XZ2とXZ2 CompactはS845非搭載、XZ1と同じS835搭載との噂

MWC 2018でソニーモバイルがリリース発表する新型Xperia。

この場では複数のフラッグシップモデルが発表されると言われており、Xperia XZ2シリーズおよびXperia XZ Premiumの後継機が有力視されています。

そんな中、この次期Xperiaについてちょっと気になる残念情報が浮上してきました。

ESATO上に投稿されていたもので、これによるとMWC 2018で発表されるXperia3モデルのうち、1~2機種はSnapdragon 845ではなくSnapdragon 835搭載になる、とのこと。

また、これらはXperia XZ2およびXperia XZ2 Compactである可能性が高く、さらにこれらのスペックは基本的にはXZ1シリーズと同じで、違うのは外観とカメラのみ、とのことです。

過去にまったくリーク実績のないユーザーによる情報という点、そしてすでにH82XXというS845搭載機種がベンチマーク上で発見されている点からこの情報の現時点での信憑性はかなり低いです。

が、内容が内容だけにちょっと無視できません。にわかに信じ難い、というか信じたくない情報です。

事実ならばXperia XZ Premium、XZ1/XZ1 Compact、XZ2/XZ2 Compactと2.5世代?にわたって同じチップを搭載、ということになります。

Xperia Z4とZ5のS810、X performanceとXZのS820のように半年程度ならば異なる世代のフラッグシップで同じチップを搭載という例は過去にもあるので、あり得ない話ではないように思えます。

また、昨年、当時最新チップのS835を搭載したXperia XZ Premiumが発売されたのは2月末の発表から約3ヶ月後の6月でした。

これはS835の初回出荷分をサムスンがGalaxy S8/S8+向けに押さえてしまったことが背景にあるという噂もありました。

一方、XZPと同時発表されたS820搭載のXperia XZsは4月に発売でした。

この前例からすると確かにSnapdragon 845を搭載の最新Xperiaが今月末の発表後1ヶ月前後でリリース、というのはちょっと無理があるような気がしないでもありません。

一方、前年のチップを搭載ならば3月あるいは4月リリースも無理はないように思えます。

ちなみにこの情報によると3モデルのXperiaのうち残りの1モデルはS835ではなくS845搭載、という事になりそう。これが以前より噂のあるXperia XZ Pro (もしくはXZ1 Pro/XZ2 Pro)ということでしょうか。

もしそうならばこのProモデルのリリースは前年同様6月くらいということも十分ありそうですね。