Xperia XZ1など、最新アプデ後に位置情報(GPS)アイコンが消えない、WiFiが切れるなどの不具合

Xperia XZ1、Xperia XZ1 Compact、Xperia XZ Premiumなどで最新アップデート後にいくつか不具合が発生しているようです。

不具合が発生しているのは海外版では 47.1.A.12.34というファームウェアバージョンで、具体的にはナビゲーションバー上のGPS (位置情報マーク)が消えない、という症状。

これはGoogleマップなど、位置情報を使用するアプリを開いている際に表示されるアイコンなのですが、アプデ後からGPSなどを全く使用していない状態でもこのアイコンが表示されるという報告が海外フォーラムで複数挙がっています。

再起動をすればアイコンは一旦消えるようですが、しばらくするとまた表示されるとのことで、今のところ有効な対処法などは見つかっていません。

また、これとは別に同アップデート後にWiFiの接続が頻繁に切断されるという症状も増加しています。

ただ、今回のアップデート前から最近のXperia (特にAnroid 7.0、7.1.1、8.0搭載のもの)ではWiFi周りの接続が途切れるという不具合報告は複数挙がっているので、アップデート自体が本当に原因なのかは不明です。

ちなみに1月分のセキュリティーパッチを含むファームウェアアップデートが提供されているのは、国内版ではいまのところauのSOV36だけすが、やはり掲示板上などで同様の報告が挙がり始めています。

ドコモ版のXZ1 SO-01KやXZ1 Compact SO-02K、そしてソフトバンク版の701SOにも近々同世代のアップデートが提供されると思われますが、ちょっと注意をした方が良さそうです

コメント

  1. か~えだ より:

    Xperia XZ1 Compactの2018/02/01アップデートでGPSアイコンが常時表示されるようになってしまいましたが、Smart Lockの表示不具合を対策するように一度GPSをオフにしてから再起動。その後、GPSをオン、で今のところGPSアイコンは常時点灯していません。Googleマップなどを使うときのみ表示されます。
    なお、今のところ…の話であって、不具合対策になるかどうかは分かりませんのであしからず…

    • か~えだ より:

      追伸 残念ながらGPSアイコン出ちゃいました…結構長い間、表示されてなかったのに…

  2. 1v より:

    今のところ完全な対策は見つかっていないようです。
    様々な方法で表示を消せても結果的に再度常駐してしまいます。
    ソニーには早急な対応を望みますね。