新型Xperia、”Xperia XZ1 Pro”は4カメラ+4K 5.7インチ+S845搭載か。H8116, H8166のベンチマーク画像が発見

約1ヶ月後のMWC 2018で2018年版のフラッグシップXperiaをリリース発表する可能性が高まっているソニーモバイル。

先日、この次期Xperiaと思われる機種のスクリーンサイズと端末サイズの確実な情報がFCC上に掲載され、今までのモデルからはかなり大幅なベゼルレス化がされることが判明しました。

そして今回、この新型Xperiaに該当すると思われるハイスペックなXperiaモデルのベンチマーク・スクリーンショットが掲載されていました

まず、スクリーンショットだけなので本物かフェイクかは分かりません。
よって、信じるか信じないかはそれぞれの判断におまかせします。(私は半信半疑といった感じです)

が、本物として扱うと、まず、この新型ハイエンドXperiaの機種名はXperia XZ1 Proに。

Xperia XZ1 Pro、ということはXperiaのプレミアムシリーズとは別ラインということでしょうか。それとも名称だけを変えた事実上のXperia XZ Premiumの後継機、という位置づけでしょうか。

ただ、次期Xperiaが”Pro”を冠するという情報は以前、信頼できるリーカーからもあった情報です。

また、型番の「H8116」と「H8166」も以前にUnprof上で発見されており、これらが少なくとも開発段階、あるいはプロトタイプとして存在している(いた)ことは確かです。

なお、このH81XXは4Kディスプレイを搭載していることが確認されており、今回のベンチマーク上でもそれを裏付けています。

さらにディスプレイはサイズは5.7インチとなっており、これも先日のFCC情報と一致。

その他のスペックとしてはSnapdragon 845 (Adreno 630)、6GB RAM、64GBストレージとなっています。

さらに注目すべきはカメラ。

リアカメラは12MP+12MPのデュアル、フロントカメラは15MP(多分16MP)+7MP (多分8MP)のデュアル、合計4つのカメラレンズを搭載、ということになります。

Xperiaでデュアルカメラと言えば先日CESで発表されたXperia XA2 Ultraが初ですが、これはフロントカメラ。

一方、ソニーモバイルは先日、XA2 Ultra以外にもデュアルカメラ搭載の2018年版Xperiaをリリースすると明言しています。

よって、フラッグシップXperiaのフロントあるいはリアカメラのどちらかがデュアルレンズ仕様になることは特に新しい可能性ではありません。

ただ、メイン・サブの両面のカメラがデュアル仕様、つまり「クアッドカメラ」を搭載というのは初耳です。

一方、GFXベンチ上のカメラ周りのスペック記述は必ずしも正しくありません。

よって、今回のベンチマーク・スクリーンショットが仮に本物であったとしてもこのXZ1 Proデュアルあるいはクアッドカメラではない可能性は十分にあると思います。

ソース:Reddit

コメント

  1. ryu より:

    つまりiPhoneは論外やな

  2. スマホ好き より:

    何をもって論外なのでしょうか…?
    具体性を伴わない否定こそが論外だと思いますよ。
    私としては本当にイヤホン端子が無くなりUSBに統合されるのならクアッドレンズになろうと論外です。また、S845は A11 Bionicにスコアで勝てていない(発売はS845の方が後にも関わらず)などという面でも、性能上では論外です。
    しかしながらiphoneも、文字入力がXperia含むAndroidに比べると圧倒的に劣っていると感じます。
    まあ、つまり「何が」「どのように」論外なのか書かずに否定することが論外だと言いたいのです。