次期プレミアムXperia、Xperia XZ1 Premiumは最大輝度1200ニットのSTE OLED 4Kスクリーンを搭載

201706071612

Xperiaと言えば国内でもドコモより今月リリースされるXperia XZ Premiumが話題の中心ですが、このXZPの後継機となる次期プレミアムXperia、つまりXperia XZ1 Premiumについての興味深い新情報がでてきました。

REVIEW.GEが伝えたもので、これによると次期プレミアムXperiaのディスプレイは:

・5.46インチ、STE OLEDスクリーン、RGBピクセル

・807 ppi

・12 bit 4,096 billion colors perception (BT.1886 / ST.2084)

・RGB Pixel Blue technology

・最大輝度1200ニット

・Correction sensor E 0 ~ 0.005 (Rec.2020)

・96% Rec.2020 / 100% DCI-P3, Rec.709

良くわからない部分もありますが、ディスプレイのサイズやppiはXperia XZ Premiumと全く同じ。

ただ、最大輝度が1200ニットというのはスゴいですね(XZPの最大輝度は700ニット)

REVIEW.GEのリーク情報は過去のケースから言うと正確なものと不正確なものが混載しており、今回の情報についての信憑性の判断についてもそれぞれにおまかせします。

ちなみにSTEとはソニーの独自技術、SUPER TOP EMISSION(スーパートップエミッション)の略で光の利用効率を大幅に高め低消費電力かつ長寿命を実現することが可能になる技術

なお、「次期プレミアムXperia」と書いてあるだけで具体的な機種名は挙げられていませんが、XZシリーズが廃版にでもならない限り次期プレミアムXperiaはXperia XZ1 Premiumでほぼ間違いないと思います。

Xperia XZ Premiumの後継機については以前より噂は色々とあり、デザイン面では従来のXperiaシリーズから一新されるという情報も挙がっています。

Xperiaのフラッグシップ・シリーズが来年ごろから有機ELディスプレイになることは以前から報じられており、これ自体はほぼ確実な情報と言ってよいと思います。

ただ、今年と同じパターンならばこの次期プレミアムXperiaは来年2月のMWC 2018で發表という流れになり、来年でもかなら早い段階でOLEDに移行するということになります。

ソース