Xperia XZ1の鮮明な実機画像が流出!HDR対応も極太ベゼルにガッカリの声も

ソニーがIFA 2017で発表する新型ハイエンドモデル、Xperia XZ1。

同機種については本日未明にCAD図面を基にした3Dレンダリング画像がリークされたばかりですが、今度はこのXZ1の実機のハンズオン画像がリークされていました。

201708160837

201708160838

201708160839

今回のものは100%本物の実機画像といって良いと思います。

基本的には先日のバックパネル画像や3Dレンダリング画像と一致していますが、今回の実機画像では3Dレンダリング画像では再現されていなかったディテールーも判明。

201708160851

201708160852

201708160853

Xperia XZ1はバックパネルとサイドフレームのつなぎ目のないフルメタルボディーとのことですが、ご覧のように背面上部と左右側面に最低でも数カ所の樹脂素材のラインが確認できます。

Xperia XZ/XZsは裏面下部に樹脂製のエリアがあり、これについては「オムツ」と不評でした。

一方、今回のXZ1ではこの樹脂部分をなくしつつメタルボディーでの電波受信感度を維持するため所々にライン状の樹脂部分を設けた、ということだと思われます。

なお、シールから分かるようにスペック面ではやはり今までの情報通り、基本的なスペックはXperia XZ Premiumと同じ。

ただ、この5.2インチのFHDながらHDRに対応するというのは初耳です。

また、これ以外にも「3Dクリエーター」という新機能が搭載される模様。

これは写真や動画を3D加工するためのものとのことで、これが以前からリークのあったカメラ機能のソフト面でのちょっとした「進化」にあたる部分ではないかと思われます。

なお、XZ1の裏面はフルメタル仕様なので、NFCが前面に配置されるのでは?との声もありました。

しかし、このXZ1ではXZsやXZPと同じカメラを搭載ながらも背面カメラ横のLEDフラッシュ/センサー部分がかなり大きくなっており、今回の画像から分かる点としてはこの穴の部分にNFCが配置されるようですね。

ちなみにここに写っている実機はシールなどからプロトタイプなどではなく、「製品版」だと思われます。

一方、この時期に製品版の実機画像がリークされるというのはXperiaではかなり珍しいこと。

やはり、発売時期はかなり近く、以前の情報通り発表直後に発売という可能性もかなり大きいと思われます。

それにしてもベゼルはやはりかなり太いですね。サイドが丸まっている分、XZ/XZsよりも全体のボディーサイズが大きくなり、結果ベゼルが太くなっているような気がします。

ソース:Sony Xperia Ailesi

関連記事:Xperia XZ1、初の公式プレス向け画像が複数リーク

コメント

  1. ああ より:

    XZPのrossoはどうなったのでしょうか?

  2. かずポン より:

    樹脂素材のラインと書かれている部分が画面の保護フィルムのような気もしませんか?

  3. ryu より:

    カメラ出っ張りは要らんぜよ!

  4. 通りすがる人 より:

    この謎のパターンの部分って先日のバックパネル写真記事で加工済のバックパネルにあったパターンと同じだよね。あそこだけ表面処理が違うのが気になってたんだけど、アンテナ用のパターンだったりするのかなぁ。
    でもそうだとしたら握ったら感度低下という……流石にSONYさんがそんなミスするわけ、ないよね

  5. ヘム鉄 より:

    工場のバックパネルリークの画像と照らし合わせてみるに、側面のラインは製造の段階で確認できる
    フィルムの可能性は限りなく低いと思うなぁ

  6. 名無し より:

    相変わらずベゼルベゼルうるせえな