Xperia XZ Pro、5.7インチ4K OLED+6GB RAMを搭載してMWCでリリース発表との新情報

2018年版のフラッグシップXperia。

H81XX、H82XX、H83XXの3モデルの存在が確認されていますが、それぞれの機種名についてはまだ確実な情報は皆無。

そんな中、ハイエンドの新型Xperiaについて興味深い情報がでてきました。

XDAが中国系サイトMydriverからの情報を伝えたもので、これによるとソニーモバイルは2月後半のMWC 2018でXperia XZ Proという新型フラッグシップモデルをリリース発表するとのこと。

また、このXZ Proは5.7インチの4K OLEDディスプレイを搭載、I68防水防塵、Snapdragon 845、6GB RAM、128GBストレージ、3420mAhバッテリーを搭載とのこと。

カメラ周りについてはメインカメラが18MP(1.33μm)+12MP(1.33μm)のデュアル仕様、フロントカメラが13MPとのことです。

新型Xperiaが機種名に”Pro”を冠するという情報は信頼性の高いリーカーからも過去にでていますが、発表時期についてはソースがはっきりしません。

ただ、MydriverやXDAはそれほどいい加減な情報を掲載するサイトでもないので、ある程度信憑性のある情報ではないかと思います。

ちなみにこのXperia XZ Pro、もし本当にMWCで発表されれば国内では少なくともドコモの2018年夏モデルラインナップとして(Xperia XZ Pro SO-01K?)リリースされることは確実。

非常に楽しみですね。

ドコモ2018年夏モデルの新型Xperiaは3機種、最低2モデルはハイエンド・フラッグシップとのリーク

コメント

  1. XPERIA より:

    SO-01KはXZ1なのでSO-03K、SO-04K辺りになるのではないでしょうか。