Xperia XZ Premium向けのAndroid 8.0アプデは要注意、通信周りに深刻な不具合との報告

Xperia XZ Premium向けのAndroid 8.0 Oreoアップデート。

海外版では数週間前に提供され、国内のドコモ版Xperia XZ Premium SO-04Jにも早ければ明日、遅くとも今週中には提供されることが確実視されています。

が、このXperia XZ Premium向けのAndroid 8.0アップデートは要注意かもしれません。

というのも、公式フォーラム上での投稿によると、8.0アプデ後のXZ Premiumには深刻なネットワーク周りの不具合がある、とのこと。

具体的にはLTE(4G)データ通信が頻繁に途切れ(1~2分間隔)、通信ができなくなるという問題で、また、3Gネットワークへのハンドオーバーにも不具合があるため、場合によってはデータだけでなく、通話もできなくなるという症状。

つまり、症状をまとめると、このAndroid 8.0へアップデートをしたXperia XZ Premiumでは4Gでの電波の掴みおよび通信に何らかの問題があり、さらに3Gへの切り替えにも不具合がある、ということ。

また、WiFi周りでも接続が頻繁に切断されるという不具合が報告されています。

この問題はモバイル通信をオンにしている時に限って発生し、逆にオフにしているとまったく発生しないとのことなので、原因がルーターなどではなく端末のネットワーク周りにあることはほぼ確実。

よって、モバイル・WiFiの両方を含めたネットワークの切り替え周りに何らかのバグがありそうです。

ちなみに先日、同じAndroid 8.0搭載のXperia XZ1でも通信周りの不具合報告が複数ある、という件についてお伝えしましたが、4G/3Gの切り替え関連、という点では症状に共通性があるので、ひょっとするとXperiaではなくAndroid 8.0のバグである可能性もあります。

そう言えば、9月くらい、Andorid 8.0のリリース当初にOreoアップデート後に開発者向けオプションの「モバイルデータを常にON」が勝手にデフォルトでオンになるというバグがありました。

現在はすでにPixelやNexus向けの8.0ではすでに改善されているようですが、ひょっとするとこの問題と関連性があるのかもしれません。

もちろん、海外版XZP向けの8.0から現在まで1ヶ月前後が経過しており、ドコモ版Xperia XZ Premium向けのAndroid 8.0ではすでに改善済みのファームウェアが提供される可能性もあります。

よって、杞憂に終わる可能性も十分にありますが、症状がかなり深刻なだけに心配な方はちょっと様子見をするのが賢明かもしれません。

コメント

  1. arrows man より:

    正確にはアップデートではなく「バージョンアップ」ですね。