Xperia XZ、バッテリー持ちはX Performance以上、Z5以下。充電必要時間は大幅悪化

10月中に発売されるソニーの時期フラッグシップ、「Xperia XZ」。

この新型Xperia XZはすでにいくつかの有名サイトにはレビュー用端末が貸し出されているようで、今回、phoneArenaによる独自のバッテリー・ライフの計測結果が掲載されていました。

201609210830

6時間41分という結果で、iPhone 6sや6s Plus、同じS820搭載のGalaxy S7 EdgeやHTC 10などよりも電池持ちは劣っているようです。

ちなみに、過去のXperia機種と比較すると:

Xperia XZ=6:41
Xperia X Performance=6:01
Xperia Z5=7:07
Xperia Z4 (Z3+)=7:15
Xperia Z3=9:29
Xperia Z2=8:10
Xperia Z1=4:43
Xperia Z=4:48

バッテリー容量が小さく電池持ち評価も芳しくない「Xperia X Performance」に比べれば幾分かはバッテリー持ちが良くなっていますが、「フラッグシップ」機種の中ではXperia Z2以降で最短となっています。
(Xperia X Performanceは厳密には「フラッグシップ」ではないとのこと・・・)

ただ、「電池持ち」よりも気なるのは「充電時間」

Xperia XZではUSB Type-Cが採用され、充電時間が短縮されると期待していたのですが、実際に充電にかかる時間は約3時間

他のXperia機種と比較すると:

Xperia XZ=174
Xperia X Performance=129
Xperia Z5=156
Xperia Z4 (Z3+)=189
Xperia Z3=9:29=235
Xperia Z2=212
Xperia Z1=?
Xperia Z=?

単位:分

世代を追うごとに短縮されてきた充電時間ですが、今回で大幅悪化。

Xperia X Performanceと比較して、バッテリー充電に1.5倍近く時間がかかるようになっています。

うーん、そう言えば、一部のXperiaには最近、「いたわり充電」という電池の劣化を防ぐアップデートが提供されています。

また、Xperia Z3やZ3 Compactではバッテリー膨張によるバックパネル剥離や基盤損傷と言った問題も発生しているので、ひょっとするとこれらが関係しているのかもしれませんね。