Xperia XZ、X Compact、米国版には「いたわり充電」機能が非搭載であることが判明

Xperia XZおよびXperia X Compactで搭載された代表的な機能と言えば「いたわり充電」。

海外では「Battery Care」という機能名で、ユーザーの充電パターンを学習し、充電完了時間を調整するというものですが、この「いたわり充電」が米国版のXperia XZおよびXperia X Compactでのみ搭載されていないことが判明しました。

以下がReddit上に掲載されていたグローバル版と米国版のスクリーンショット。

グローバル版 Xperia XZ

201701051057

米国版 Xperia XZ

201701051102

確かに米国版XZでは”Battery Care”の項目が見当たりません。

そういえば、アメリカ版のXperiaシリーズではZ5シリーズから指紋認証センサーが非搭載というのは有名な話。

厳密にはセンサー自体は搭載しているもののディアクティベートされており、特許絡みの理由が背景にあると言われています。(はっきりとしたことは不明)

ひょっとしてこの「いたわり充電」についても米国内だと何らかの特許侵害に抵触するのでしょうか。

なお、米国を含む海外版Xperiaで以前より搭載されている「ウルトラ・スタミナ・モード」は逆に国内版のXperia Z/Xシリーズには非搭載。

これに関しては国内版には緊急省電力モードが代わりに搭載されていることが理由と考えられ、特許などが絡んでいるとは考えにくいのですが・・・

国内ユーザーにはほとんど関係のない話ですが、どうしてこういった仕様の違いを設けるのかはちょっと気になります。

だれかこの一連の仕様の違いについてその理由をご存じの方、教えてください!

コメント

  1. irony より:

    アメリカじゃXperia Z4以降キャリアから販売されてないから、販売台数も限られてるんで誰も気にしないんじゃないかな?