Xperia X Perfromanceの不具合報告まとめ。タッチ不具合、勝手に再起動、輝度センサー不良、充電不良、電波不良?など

201606271924

先週ドコモ、au、ソフトバンクから発売されたXperia X Perfromance。

今のところのユーザー評価としては使用に致命的な支障が出るような深刻な不具合報告もなく、安定性という意味での評判は上々と言っても良いのではないでしょうか。

ただ、ユーザー数が増えるにつれ若干気になる不具合報告もチラホラを出てきているのも事実。

という訳で、今回はこのXperia X Performanceで報告されている不具合・問題点についてまとめてみました。

Xperia X Performanceの不具合報告まとめ

タッチパネルの誤認識

先日お伝えしたこの問題。具体的にはダブルタップの際や2点タッチの際にスライドあるいはスワイプとして誤認識されてしまう症状で、ゲーム・アプリなどでは結構不便を感じているユーザーが多いようです。

過去の事例からするとおそらくソフト・アップデートで改善される不具合だとは思われますが、この中では一番広範囲での発生が確認されている症状。

早急な修正に期待したいところです。

充電が途中で止まる

満充電になる前に充電が勝手に止まってしまうという症状で、主に国内版(特にドコモ版)での発症報告が多いです。

詳しくはこちらをご覧ください。

充電中の「ビリビリ」漏電?

価格.comのユーザーさんから挙がっている報告で報告件数はまだこの1件。

充電中に一本指で端末背面に触れた時のみ「ビリビリ」とするという不思議な症状。

非純正充電器を使用しているようなので、これが原因である可能性もあります。

ただ、原因が端末側であれ、充電器側であれ、本当に「漏電」であれば潜在的な危険がある症状なので、ちょっと注意が必要ですね。

ディスプレイガラスとサイドフレームの間の隙間

端末の右上、右下角のディスプレイガラスとサイドフレームの間に爪が入る程度の隙間がある、という報告が挙がっています。

この隙間問題はXperia Z3くらいからほぼ毎回報告が出てくる症状ですが、隙間の有無自体も過去機種同様に個体差がある模様。

仕様の範囲内であっても、一部だけの隙間が開いている、というのはやはり気になりますよね。

ただ、この隙間から浸水して防水性能に問題が出る、ということはまずないようなので、結局は個人の許容範囲の問題のようですね。

輝度センサー不良

まだ症状がはっきりつかめていないのですが、基本的には「明るさの自動調整」をオンに設定していると、周りの明るさに合わせて輝度が調整されなかったり、逆に、部屋の明るさが一定なのにもかかわらず、画面の輝度が勝手に下るといった症状が報告されています。

どうも輝度センサー自体が正常に作動していないことが原因っぽいですね。

一方、Xperia X PerfromanceからはZ5以前とはことなる輝度の自動調節機能が採用されています。(詳しくはこちらの記事が分かりやすいです。)

ひょっとすると、このソフト的な変更に起因するバグが原因である可能性もありますね。

電波受信不良(au版のみ?)

個人的には一番気なる症状。

アンテナピクトはちゃんとフルで立っているのに4Gでのデータ通信が断続的に切断される、という症状。

今のところ報告があるのはau版のXPのみです。

そういえば、初のアルミ製バックパネルが採用されています。

国内版は裏面全体がアルミ製の海外版とは異なり、アンテナ部分に樹脂を使って電波のつかみを向上しています。

なので、これが原因ではないとは思いますが、ひょっとするとこの電波強度対策が不十分である可能性もあるので、ちょっと不安ですね。

充電中に勝手に再起動(7/4追加)

XP対応のドコモやauの純正アダプターで充電していても、充電中に端末が勝手に再起動を繰り返す、という問題。

かなり発生範囲は広いようです。詳しくはこちらをご覧ください。

スリープ中に勝手に画面が点灯する (7/6追加)

これは充電中でない状態でスリープにしていると、勝手に画面が点灯するというもの。

ただ、再起動などはしておらず、単純に時計画面が表示されるようです。

発生条件としては、ダブルタップで起動の設定をオンしている時のみ発生。

価格.comや海外(Xperia X)でも報告があがっており、初期不良の疑いがあるようです。

まとめ:

ここに記載した「不具合報告」は備忘録を兼ねて羅列しただけのもので、個々の症状の発生範囲や原因などは検証していません。

現状では単発報告も多く、個体差レベルの不良が疑われるものがほとんどで、機種依存の問題とは言えません。

よって、過剰な心配は不要ですが、一応購入時に注意するに越したことはなさそうです。

また、新たな不具合報告や各不具合の詳細が判明し次第、記事を更新します。

コメント

  1. タコ より:

    輝度センサーの不良についての検証

    私も輝度センサーの不良の
    部屋の明るさが一定にもかかわらず画面の明るさが変化する症状があり、検証してみましたが不具合ではありませんでした。
    受話部分の右側に黒い部分がありますが、そこに輝度センサーが搭載されているようで、スマホを横長で使用する際に
    「持ち手が輝度センサー部分を覆ってしまった」又は「影を作ってしまった」
    ために周囲輝度が暗くなったと認識し画面も暗くなりした。

    結果として以下の問題点があり
    不具合?という動きをしています。
    1【輝度センサーの位置悪い】
    ➡ユーザーを考えてない位置。
    スマホを横長にして持った場合の動作確認してないのか?
    2【輝度センサーが1ヶ所にしか搭載されていない】
    ➡輝度センサー部分のみで判断するため周囲輝度に合わせた画面輝度変化とは言えない。

    解決策
    ・横長で使用する際に輝度センサー部分を覆わない持ち方をする。
    ・どうしても手がかかる場合は「明るさの自動調整をオフ」にする。

    この問題は輝度センサーを2ヶ所以上にし、明るい方を周囲輝度とする以外に解決策は無いです。

    ※周囲輝度が変わっても輝度が変化しないは検証出来ていませんが以下を確認するといいかと思います。
    ・「明るさの自動調整がオン」になっているか確認する。
    ・輝度センサー部分(受話部分の右側の黒い所)を手で覆って画面が暗くなるか確認する。
    ・輝度センサー部分にライトを当てて画面が明るくなるか確認する。
    ×「明るさの自動調整かオン」となっており、輝度センサー部分の明るさを変えても画面輝度が変わらない場合は【輝度センサー故障】と思われます。
    動作しても画面輝度の変化が少ない場合は【輝度センサー不良の疑い】があります。
    比較するしかないため、同機種をお持ちの方と同環境下で比べてみるorドコモショップ等で確認してもらう他無いと思います。

    まとめ
    長々と書きましたが、私はオフにしました。

    ・位置悪すぎ!
    ・ユーザーの事考えな過ぎ設計!
    ・この機能使えません!目に悪いわ!!
    XPERIA X performance全体的に良機種ですのでオフにすれば良いだけの事です。
    事前に分かっていてもやはり機種変更したと思います。
    以上です。

  2. www より:

    ↑ ただのクレーマー。www

  3. iss より:

    Xperia X Performance SOV33 au
    購入して1ヶ月
    主カメラ内部結露発生

    昨日までカメラ普通に使えてたんですが、今日カメラを起動したところ『ん?くもってるな』とカメラレンズ部を見たところ、0,2mmくらいの水滴がレンズ内部に発生している状態。

    本日auショップ石川県庁前に相談しに行き見せたら『汗ではないですか?』と言われ『この機種は防水機能ついてるんですよね?』と聞くと『日常生活防水です。』と…..修理に出して修理に掛かった分請求受けるか、3000円でau安心プランを使うかのどちらかですと。

    その後、ソニーモバイル相談問い合わせセンターにも問い合わせしたしてみたのですが『誠に申し訳ございません。auからの依頼を承ってから修理センターに送って頂いており、私どもは修理をメーカーとして社内開示されていないため御答えすることはできません。』と…..

    Xperia X Performance SOV33 auを修理か安心プランに出すつもりですが自身のau及びソニーモバイルへの信用が無くなってしまった感じで八方ふさがりの状態です