Xperia X Performanceの電池持ち評価、ブラウジングが致命的かも。Z5シリーズやHTC 10、Galaxy S7E、P9との比較

201606181900

ソニーの最新フラッグシップ、Xperia X Performance。

auからは24日に発売されることが確定しており、ドコモ版とソフトバンク版についても同日あるいは1日違いくらいでリリースされると思われますが、バッテリー容量がかなり過去モデルよりも小さくなっており、電池持ちが一番の気がかりと言っても過言ではありません。

そんな中、一足先にリリースされた海外版Xperia X Performanceのバッテリー持ち評価が掲載されていました。

これを国内で販売されている他モデルと比較してみました。

比較対象はXperia X Performance、Xperia X、Xperia Z5、Xperia Z5 Performance、Xperia Z5 Compact、Galaxy S7 Edge (S820搭載版)、HTC 10、Huawei P9。

Xperia X Performanceの電池持ち比較表:

連続通話時間 (3G)ウェブ・ブラウジング動画再生
Xperia X Performance20:567:238:18
Xperia X19:059:349:56
Xperia Z517:1314:357:53
Xperia Z5 Compact28:2311:2013:04
Xperia Z5 Premium20:279:297:14
Galaxy S7 Edge22:3213:3216:54
HTC 1020:429:088:42
Huawei P914:539:158:46

通話時間については前モデルのZ5シリーズでも差がありますが、平均では「同レベル」といって良いと思います。

以前、au版とソフトバンク版のXperia XとXperia Z5のスペック上の電池持ち時間を比較しましたが、両者の差という意味では大きな違いはなさそう。

しかし、ウェブブラウジングについてはかなり大きな差がでており、また、同じS820搭載のGalaxy S7 EdgeやHTC 10、 Kirin 955搭載のHuawei P9と比較しても大きく劣っていることが分かります。

ウェブ・ブラウジングは実際の使用に一番近い動作の再現とも言えるので、この数値が芳しくないというのはかなり気になりますね。