ソニー、Xperia X Performanceのセンサー全般の不具合をようやくが認め、「一応」謝罪

Xperia X Performanceで「超」広範囲に発生している画面が自動回転しないなどと言ったセンサー関連の不具合。

先程、ドコモ版についは修正アップデートの提供予定についてお伝えしたばかりですが、この不具合は海外でも大量に報告が挙がっており、Xperiaの公式フォーラムではすでに22ページにも渡って報告がでています。

しかし今回、ソニー側からこの問題に関して同フォーラム上で一応問題の認識について発言がみられました。

201610251033

要は、この一連の不具合に対するお詫びと、間もなく同不具合に対する修正ファームウェア・アップデートがリリースされます、という内容。

また、「accelerometer, gyroscope, magnetometer, ambient light, proximity sensor, barometer」とあるので、やはりジャイロや加速度だけでなくセンサー全般に不具合があることは確実っぽいですね。

ちなみに今回の件でソニーモバイルからなんらかの発言があったのは国内外を含めてこれが初めて。

しかしこれ、一応ソニーからの正確な情報であることは間違いないと思われますが、一カスタマーサービス要員からの発言にしか過ぎません。

これだけ広範囲に症状がでているのですから、本来ならばもっと正式な形で何らかのアナウンスをするのが筋だと思います。

原因が分からないなら正直に「調査中」というアナウンスだけでもどれだけユーザーは安心することか。

やはり、この辺がやはりスマホ市場でメジャープレーヤーへ躍進できない「二流メーカー」の原因なのかもしれませんね。

コメント

  1. 太郎 より:

    今日ソフトバンクのアップデートが来ていました。
    ここのページのおかげで、この不具合が自分だけじゃないとわかって安心しました…