Xperia X CompactとXperia Z5 Compactの実力比較。処理性能はほぼ同等か。

201609012221

昨日発表されたソニーの「準」フラッグシップモデル?のXperia X Compact。

フタを開けてみればXperia Xを単純にサイズダウンし、カメラをアップグレードしただけというモデルで、ちょっとがっかりしているユーザーも多いようですね。

考えてみればこのモデル、「Xperia X Performance Compact」ではなく、ただの「X Compact」なので、ある意味当たり前といえば当たり前。

ただ、このXperia X CompactにXperia Z5 Compactの後継機的モデルになることを期待していたユーザーにとってはけっこうショックだったようですね。

そうなると気になるにはこのX CompactがZ5 Compactとのパフォーマンス面での性能比較。

Xperia X Compactはミッドレンジ向けながら一応「最新」のSnapdragon 650搭載、Xperia Z5 Compactは1世代前ながらハイエンド向けのSnapdragon 810を搭載しています。

X Compactは発表直後なのでまだベンチマークスコアは出ていませんが、この機種、CPUチップやメモリ容量はXperia Xと全く同じ。

よって、ベンチマークスコアも同等になると思われます。

そういうわけで、Xperia XとXperia Z5 Compactのベンチスコアを比較してみたところ:

Xperia Xのベンチマークスコア (期近25回分)

201609012210

Xperia Z5 Compactのベンチマークスコア (期近25回分)

201609012208

マルチコア・スコアの平均値を取ると、Xperia Xは3620、Xperia Z5 Compactは3546という結果になりました。

若干スナドラ650搭載のXperia Xの方が上ですが、まあ誤差の範囲内でしょう。

よって、Xperia X Compactについてもその処理性能については1世代前のXperia Z5 Compactとほぼ同等、と見て良さそうですね。