Xperiaスマホ、実はAndroidで利益率最高であることが判明。平均販売価格もダントツ。

ソニーモバイルといえばXperiaシリーズ。

赤字が続く同社のスマホ事業ですが、ちょっと興味深い事実が判明しました。

以下がXperiaBlogに掲載されていたソニーのスマートフォンと他社メーカーのスマホ一台あたりの純利益を比較したグラフ。

201603141106

iPhoneのアップルが別次元であることは言うまでもありませんが、アンドロイドスマホのOEMではソニーが一番1台あたりの利益が大きいことが分かります。

それもそのはず、ソニーモバイルは昨年よりXperia Z5などといったハイエンド機種の販売に販売戦略をシフトしていると言われており、それは以下のグラフにも現れています。

201603141110

これはソニーとLGの端末の平均販売価格の推移を表したもの。

2015年の初頭から平均販売価格が上昇し始め、Z5、Z5 compact、Z5 Premiumをリリースした第4四半期以降はさらに上昇率がアップしています。

また、以下が平均販売価格を他のOEMと比較したもの。

201603141113

ソニーモバイルが他メーカーよりも平均販売価格が高いことはなんとなく分かってはいましたが、サムスンやLGと比べて約2倍の違いがある、というのは結構意外でした。

ちなみに、以下のOEM間のユーザーの移動についての図も中々興味深いです。

201603141115

黄緑がユーザーが増えたメーカーで紫がユーザーを失ったメーカー。

一番顕著なのはサムスン→Huaweiへの移動ですが、最近不調のHTCがサムスンに大量のユーザーを奪われていることも分かります。

コメント

  1. anonymous より:

    OEMの意味間違ってる。
    OEMとは相手先ブランドによる生産であり、注文側の商標で販売される商品を受託生産することである。
    ソニーと言ったメーカーがソニーの端末として販売する限りはOEMとは言わない。

  2. info より:

    OEMの本来の意味は自社製品を製造する業者のこと。
    原典が英語だから、こっちの意味。
    日本だけが相手先ブランドによる生産という意味だけで使ってる。
    勉強不足。

    • anonymous より:

      英語の原義では元来単に自社製品を製造する事業者を意味するものであるが、英語圏においてもOEMが他社ブランド製品の製造ないしは他社製品の自社ブランドでの販売を行う企業という意味も持つ。(Wikipediaより)

      だから日本だけと言うのは間違い。
      それに原典がどうあれ、今はその様な使われ方をしていないわけだ。ソニーのXperiaがソニーのOEMなんて言うか?
      どちらが勉強不足なのかな。

    • 世直し より:

      >OEMの本来の意味は自社製品を製造する業者のこと。

      これが本当の意味ならXperiaは当てはまらないよな。
      SONYはXperiaを製造していないんだから。