ソニー、XperiaのAndroid OS更新ポリシーとMeltdown/Spectre対策アプデ対象機種を明らかに

ソニーモバイルがXperiaシリーズのAndroid OSのアップデート・ポリシーを明らかにしたようです。

XperiBlogが伝えたもの。

これによると、まず、Android OSのバージョンアップについてはプレミアム・レンジの端末については発売から2年間は提供対象に。

一方、ミッドレンジ機種やエンリーレベル機種に関しては2年以内であってもハードウェア的に十分なユーザーエクスペリエンスを達成できないと判断した場合はアップグレードをしない場合もあるとのことです。

“We aim to support all premium range devices with the latest Android updates for two years after the device has launched. We may choose not to upgrade a mid-range or entry-level device if testing does not meet our exacting standards and we feel the hardware isn’t capable of delivering a stable user experience.

ちょっと気になるのはここで言う「プレミアム・レンジ」という言葉。

これがXperia XZ PremiumやXperia Z5 Premiumといういわゆるプレミアム・シリーズのXperiaを指すのか、それともXZやXZ1といった「フラッグシップ」あるいはハイエンドモデルを指すのかがちょっと分かりません。

ただ、いずれにせよXperiaのハイエンド/フラッグシップとみなされている機種はほとんど2年間、2回のメジャーOSアップデートが提供されています。

また、セキュリティーアップデートについてはこれと言ったルールは内容で、見つかった脆弱性の種類や深刻度によって単独でリリースされることもあれば、ファームウェア更新やOSバージョンアップと同時に提供される事もあるとのこと。

最後に、ここ最近問題となっている脆弱性問題、「メルトダウン」と「スペクター」への対応セキュリティーパッチですが、これが提供される機種は:

Xperia XZ1
Xperia XZ1 Compact
Xperia XZ Premium
Xperia XZs
Xperia XZ
Xperia X Compact
Xperia X
Xperia X Performance
Xperia L2
Xperia L1
Xperia XA2
Xperia XA2 Ultra
Xperia XA1
Xperia XA1 Plus
Xperia XA1 Ultra

発馬から2年以内の機種、といったところでしょうか。

一方、先日の情報どおり、やはりXperia Z5シリーズにはこのセキュリティーパッチは提供されない事が確実になりましたね。

コメント

  1. No Name より:

    パッチ対応の端末リストの

    Xperia XA1
    Xperia XA1 Plus
    Xperia XA1 Ultra

    発馬から2年以内の機種・・・

    となっていますが、『発売』なのでは?