Xperiaの出荷台数、2011年以来の最低値を更新、2017Q4は前年同期比2割減

ソニーが昨日発表した2017年度の決算発表。

この情報を基にXperiaBlogがスマートフォンの売り上げをグラフにしていました。

まず、第4四半期の売り上げは400万台と、前年同時期から2割以上の減少。昨年に続き2011年以来の低水準を更新しています。

(ちなみに2011年といえばXperia arc SO-01Cの時代。なつかしいですね)

また、2017年全体の出荷台数も1370万台と2016年から1割近くダウン。こちらも2011年以来の低水準です。

ソニーモバイルは数年前から売上台数よりもハイエンド機種で利益率を優先していると言われています。が、その肝心の営業利益も前年から大幅ダウン

為替の影響はプラスに作用しているにも関わらずこの結果、というのはかなり不調と言わざる得ませんね。

Xperiaは国内キャリア版のAndroidスマホの中では依然としてトップのポジションを維持しているようですが、全体としてはSIMフリーモデルにシェアを奪われつつあるという印象。

2017年は前半にXperia XZ Premiumがかなり話題となりそれなりに売れたという印象だったのですが、それでも売上台数の低下傾向を止めるほどの勢いはなかったということのようですね。

2018年はソニー自身も公言しているようにXperiaにとってブレイクスルー(革新)の年になるとのことで、次期XperiaのXZ Pro?やXZ2はかなり期待されている模様。

Xperiaは世界シェアは小さいものの知名度という点ではまだ世界的に認知度が高い唯一のブランド。ぜひ今年は「革新的」な新型Xperiaで復活の足がかりを掴んでほしいもです。

ソース

コメント

  1. arrows man より:

    今や国産で世界でも売れてる機種はXperia位ですからね…

    • arrows man より:

      ちなみにarrowsは事業売却後も残るそう。
      売却先は国内企業だから一応は国産のままだろうけど、製造等は自社工場じゃなくなるので怪しい。

  2. aaa より:

    その原因を作ってるこのサイトが言うのは白々しいな。

  3. あのにます より:

    Xperiaは国産じゃない。
    世界でも然程売れていない。
    アメリカではキャリアからも販売されなくなりましたしね。最近では防水に対する集団訴訟もありました。
    中国でも高価格帯に絞ったがために売れなくなった。だからこの数字。

  4. Xperia より:

    XA2をExpansysが3万9000円で販売開始。今年の6月で3万5000円かな、12月で2万9000円に成っていたら中々良いコスパ。

  5. noname より:

    魅力無いもん当然!

  6. Xperian より:

    残念だけど、数年後~ Sonyは、HUAWEIか、LG に買収されていると予想してしまう?!

    商売が、下手くそ過ぎる (>_<)

  7. あのにます より:

    arrowsが残ったところで国内でしか売ってないんだから、ここでは関係ない話。
    auやSoftBankが撤退した時点でいずれこうなることは分かっていたこと。
    docomoも顧客情報システム「アラジン」を富士通が提供していることもあって富士通端末をリリースしているが、正直なところ富士通が離れれば販売する必要もなくなるだろう。
    そこそこ売れている「らくらくホン」だけの販売になるんじゃないかな。

  8. 123 より:

    Xperiaなくなったらiphoneにしよう

  9. あのにます より:

    iPhoneも色々とトラブルが出ているようですね。