スマホ評価・不具合ニュース

スマートフォンやタブレットについての評価や不具合情報、比較などを口コミ中心でお届けします。

*

Xperiaの価格が高いのは防水のせい?2~3割製造コスト増し-Xiaomi創設者

   


201606200812

XperiaやAQUOS、Arrowsなど、国内キャリアの販売するハイエンド機種ではごく「当たり前」の仕様となっているスマホの防水仕様。

一方、世界的に見ると防水機能を備えたスマートフォンはどちらかと言うとまだ少数派。特にミッドレンジ以下の機種で防水機能を備えているモデルは非常に稀です。

ただ、海外でも防水性能を求める声は小さくない模様。

それにもかかわらず多くのスマホに防水性能が搭載されない・できない理由について中国の新興メーカー、Xiaomi(シャオミ)の創業者がコメントしていました。

同氏によると、シャオミが同社のモデルに防水機能を搭載しないには主に2つの理由があり、一つは強度問題

スマホ防水機能は実は非常にデリケートで、端末へのちょっとしたダメージで防水性能を失ってしまうとのこと。

なるほど、確かにXperiaなどでは目立った外傷もないのに浸水したという報告を頻繁に見かけますが、これが原因なのかもしれませんね。

そしてもう一つはコストの問題

現在、同社のモデルに防水機能を搭載すると端末の生産コストが2~3割アップするとのことです。

確かに防水機能を備えた「格安スマホ」というのは存在しませんが、これは単純に5-6万円のモデルが6-7万円になる、ということ。

ここまで防水・非防水で原価コストが異なるとは驚きです。

わからないような機能が端末についても同様で、同社のモデルに防水性能を備えているものはありません。

Xperiaを始め、国内メーカーモデルは、常に「高い」といわれていますが、その背景の一つにこの「防水機能」があることは間違いなさそうです。

ソース

 

 - Xperia, Xperia X Performance SO-04H docomo, Xperia X Performance SOV33 au, Xperia Z3, Xperia Z3 Compact SO-02G docomo, Xperia Z5, Xperia Z5 Premium, Xperia Z5 Premium SO-03H, Xperia Z5 SO-01H docomo, Xperia Z5 SOV32 au, エクスペリア, 価格, 新型・次期Xperia, 比較, 浸水, 評判