Android 8.0アプデ後のXperiaで発生している不具合・バグまとめ

Googleの最新OS、Android 8.0。

Xperia XZ1やXZ1 Compactにはデフォルト搭載され、国内でも今週中、遅くとも来週中にはドコモのXperia XZ Premium SO-04Jにアップデートが提供されると思います。

また、海外ではすでにXZPの他、XZs、XZ、X Performanceにも提供されており、色々と不具合・バグの報告が増えてきています。

そんなわけで今回はこのAndroid 8.0へアップデート後に発生しているXperiaシリーズの不具合報告をまとめてみます。

Android 8.0+Xperiaシリーズの不具合・バグ報告まとめ

画面のチラつき・明るさの自動調整バグ

ディスプレイの明るさの自動調整をオンにしていると、輝度調整がスムーズでなく、いわゆる「チラつき」のような減少になる、という問題。
特に画面が明→暗に調整される時に顕著。

XZ1やXZ1 Compactでも発売当初から多数の報告があり、Xperiaファームウェア+Adnroid 8.0の共通不具合と見て間違いないと思います。

Bluetooth周りの接続不具合

端末とBluetoothの接続が頻繁に切れた特にカーナビとの接続の際に問題が多いようで、接続はされるもののカーナビ側に曲名などが表示されなかったり、再生や停止といった操作ができないという報告が多数見られます。

一部ではこちらの応急処置方法で改善したという報告もありますが100%ではない模様。

ただ、これはXperiaだけではなくAndroid 8.0共通のバグという指摘も見られるので、根本的な改善にOSのアップデートを待つ必要があるかもしれません。

アラームが鳴らない

「通知の鳴動制限」で「アラームのみ鳴動」もしくは「重要な通知のみ鳴動」に設定しているとアラームが鳴らないという問題。

これはXperia XZ1/XZ1Cで最小に報告されていたもので、設定」→「音設定」→「通知の鳴動制限」→「視覚的な通知のブロック」がオンになっていると発生。

おそらくAndroid 8.0のバグだと思われます。

ただ、XZでは充電中に限ってアラームが鳴らない、という症状もあるので、いくつかの発生条件・原因がある可能性もあります。

ボリュームキーが効かない

ボリュームボタンが反応しないことがある、というもので特に音量を下げる小ボタンの方が効かないというケースが複数報告されています。

ただ、まったく反応しないわけではなく、発生条件がまだ特定できていない状況。

これはXZ1やXZ1 Compactでの報告はなく、7.1あるいは7.0からアップデートをしたXperiaでのみ発生している模様。

ネットワーク周りの不具合(4G & WiFi)

こちらで紹介した症状で、個人的には一番厄介な症状ではないかと思います。

一言で言うと4G(LTE)データ通信が頻繁に途切れてネットができないという症状。

関連性は不明ですが、WiFi通信でも類似症状があり、どうやら4G→3GあるいはWiFiとデータ通信間のハンドオーバーが上手くできないAndroid 8.0起因のバグが原因である可能性も高そう。

暫定的な処置方法としては、WiFi通信中はデータ通信をオフに、LTE通信中はWiFiをオフにといった方法が紹介されていますが、これはかなり不便。

スマートロックが「消える」不具合

Androidの1機能である”Smartlock”の欄が空白で設定ができなくなる、という症状。

これもXZ1/XZ1Cから報告があり8.0アプデ後のXZ Premum, XZs, XZ, X Performanceでも発生。

とりあえずの対処法としては:

・「ロック画面とセキュリティ」 →「信頼出来るエージェント」 にある

・「Smart Lock (Google)」 を一旦オフに

・端末を再起動

・起動後 「Smart Lock (Google)」 をオンに戻す

ただ、この問題は再発するようなので、根本的な改善にはアップデートを待つしかなさそうです。

動作がもたつく、カクつく、プチフリーズする

多くはAndroid 8.0に未対応、あるいは最適化がされていないサードパーティーアプリが原因である可能性もありますが、ネイティブのカメラアプリなどでも立ち上がりに異常に時間がかかかるとった報告も。

特にXZやXZs、X Performanceでの報告が目立ちますが、XZ1やXZ1 Compactでは「Googleアプリ」の再設定でいく分動作が改善したとの報告もあるので、ひょっとすると同じ原因かもしれません。

詳しくはこちらをご覧ください。

バッテリー異常消費 & 充電が遅くなった

この手の不具合報告はOSアップデートにつきものですが、特にAndroid 8.0アプデ後のXperiaでは報告が多いという印象。

また、充電についてはバッテリー異常消費の副作用という可能性もあります。

ただ、Android 8.0で意図的に充電周りのアルゴリズムに何らかの変更が加えられた可能性もあるので100%不具合とは断定できません。

いずれにせよ、どうやらバッテリー消費に関しては上記の動作のもたつきと関連がありそうなので、Googleアプリ周りの設定で改善するとの報告も。

また、一部ではBluetoothが異常に電池を消費しているとの指摘も見られます。

まとめ

Xperiaに限らず、今回のAndroid 8.0は9月のリリース当初よりPixelやNexusでも多くの不具合報告があり、久しぶりにかなり不安定なOS、という印象(iOS 11も然り、ですが)

一方、大半の不具合は初期化で改善したという報告も多数見られます。(なぜかソニーも先日、Android 8.0アップデート後の初期化方法の公式動画をアップしています)

よって、これからAndroid 8.0へのバージョンアップをする方は最悪初期化を前提に行った方が良いかもしれません。

コメント

  1. 宮澤風夏 より:

    私は、NTTドコモのXPERIA X compact Android7.0を使用していますが、最近、ボリュームキー及びカメラキーが挙動不審になる現象が発生していました。再起動すれば一時的に復旧するのですが、すぐおかしくなっていました。
    具体的には、
    再起動直後→1回押すと1上がる
    しばらくすると→1回押すと4~5上がる
    そのままにすると→キーが反応しなくなる
    という感じでした。これとは別に勝手に強制再起動される現象もありましたが、寒くなってきたためか、発生しなくなりました。
    上記の不具合は端末がホカホカになっているときによく発生したので、熱が関係していたのかな、と思います。