Android 8.0アプデ後のXperiaでシステムUIが停止、応答しない不具合が多発、対処法あり

Xpeira向けのAndroid 8.0 Oreo。

先日、ドコモ版のXperia XZやXperia X Performanceにもようやくアップデートが提供され、ようやく大部分のXperiaに8.0が行き渡ったといった感じです。

ただ、このAndroid 8.0にアップデートしたXperiaで”システムUIは停止しました”や”「システムUI」は応答していません”といったエラーメッセージが頻発するという不具合が複数発生しているようです。

Xperia XZ、Xperia XZs、Xperia X Performanceなどでの報告が目立ち、一方でデフォルトでAndroid 8.0が搭載されているXZ1やXZ1 Compactなどでは報告が見当あたりません。

システムUIというのはステータスバーやナビゲーションボタンなど、読んで字のごとくシステム周りのインターフェイスを司るアプリ。

システムUIが強制終了する原因と対処法

この問題、根本的な原因がファームウェア、OS、アプリのどれにあるのかはまだはっきりとは分かりませんが、発生条件としてはボリュームコントロール系アプリをインストールしていると発生しやすいようでう。

よって、該当するアプリがある場合はまずそのアプリの無効化、あるいはアンインストールをしましょう。

ただ、それ以外にもステータスバーにアイコンを表示するアプリであれば原因となりうる可能性があるとのことなので、該当するアプリがあれば一旦すべて無効化をして順番に再有効化して様子をみる、という方法が良いと思います。