VAIO Phone、「ガッカリ」の声多く前評判は最悪-ネックは価格?

201503131344

昨日、b-mobileこと、日本通信から発売されることが発表された「VAIO Phone」。
いざ蓋を開けてみると、ユーザーからの評判は芳しくないようですね。

このVAIO Phone、スペックは以下の通り:

ディスプレイ: 5インチ、720×1280HD, TFT IPS LCD
メインカメラ: 1300MP
前面カメラ: 500MP
バッテリー容量: 2,500mAh
連続通話時間/連続待ち受け時間 最大約800分 / 最大約500時間
バッテリー取り外し不可
OS: Android 5.0 Lollipop 32 bit
CPU 1.2GHz, クアッドコア1.2 GHz Qualcomm Snapdragon 410
メモリ(RAM): 2GB
ストレージ容量(ROM): 16GB
外部メディア規格/最大容量: microSD/64GB
SIM タイプ: マイクロSIM
ネットワーク周波数帯(3G) 2100/800MHz
ネットワーク周波数帯(4G/LTE) 2000/1800/800MHz
カラーバリエーション:  黒
サイズ: 幅(W)×高さ(H)×厚さ(D) 約71.3 × 141.5 × 7.95mm
重量: 約130g

典型的なミドルスペックと言った感じです。

ただ、ミドルレンジ・スペックである事自体は発表前から知られていたことで、これ自体が悪評の原因ではないと思います。
問題は、ミドルレンジ・クラスの機種と比べて値段が高い、という点ではないでしょうか?


約4万円で先日まで発売されていた1年半落ちのNexus 5とほぼ同じようなスペックで価格が1万円高い、というのは、どういうコスト計算になるのか全くの謎です。
一部では海外で販売されているパナソニックの「ELUGA U2」がベースではないかと言われていますが、この機種と比べても2万円ほど高い値段設定。
VAIOというブランドにそれだけの付加価値があるとでも思ったのでしょうか?

はっきり言ってこの機種、発売前に見事にコケましたね。