Foxconn社、一日に6万台の中古iPhoneを買い取り、中国で販売している模様

201504141142
機種変やMNPなどの際にキャリアなどに買い取ってもらう旧型のiPhone。
どこの行くのかといつも不思議だったのですが、この中古iPhoneの流通に一役買っているのがiPhoneの大手サプライヤーである台湾のFoxconn社であることが明らかになりました。

Cult of Macが伝えたもので、これによるとFoxconn社は一日あたり、5万から6万台の中古iPhoneを購入しているとのこと。
買い取りは世界中の様々なルートを通して行われており、この内の80%は香港のショップに売却されるようです。

一日6万台ということは、年換算すると2200万台近く。とんでもない台数です。

Foxconnは先日、中国国内でも中古iPhoneの買取サービスを開始しましたが、この会社、製造面だけではなく、中古品の流通市場にも参入しつつあるようですね。