Xperia Z5にはMediaTek製CPU採用か。Zシリーズがとうとうスナドラ脱却?

201505151249

今まで、最新のフラッグシップモデルといえば最新のSnapdragonを搭載、というのが一種の暗黙の了解になっていましたが、今後、この傾向が変わってきそうです。

phoneArenaが伝えたもので、これによると、現在、ソニーを始めとする、複数のスマートフォンメーカーが今後リリースされる機種に同社の最新10コアCPUチップ、「Helio X20」の搭載を予定しているとのこと。

MediaTek製チップは今まで、どちらかと言うとロースペック~ミッドレンジ機種を中心に使われてきましたが、今回の「Helio X20」はその性能らしても完全にハイスペックスマホ向けです。

ソニーのどの機種に搭載されるかはまだ不明ですが、このCPUの性能からすると、Xperia Z5に搭載される可能性も十分にあると思われます。
また、Xperia Z5では、デザインを含む、様々な仕様が見直されるとの噂もあるので、CPUサプライヤーが変更されても不思議ではありません。

中国ブランドのチップということで、嫌うユーザーも出てきそうですが、Snapdragon 810の発熱問題で「スナドラ」のブランドバリューが下がってきているのも事実。

Xperia Zシリーズは今まで全ての機種でSnapdragonシリーズが搭載されてきましたが、とうとうXperia Zシリーズ+スナドラ、という組み合わせに終止符が打たれるかもしれませんね。

コメント

  1. 通りすがり より:

    間違ってたら申し訳ないんですけど、中国ブランドではなく台湾ブランドじゃないんですか?