新型Xperia、IFAでは3モデルをリリース、Xperia XZ3シリーズでヘッドフォンジャック復活?

国内では来週中にもドコモ・au版のXperia XZ2シリーズが夏モデルとして発表されますが、一部ではその次期モデル、Xperia XZ3に注目が集まっている模様。

そんな中、この次期XperiaシリーズについてESATO上の有力リーカーから興味深い情報がでてきました。

これ、当サイトが先日FCCで発見されたとお伝えした、PY7 68553Cおよびその他2モデル、PY7-34118SとPY7-70663Eのリリース時期についての質問に対する回答で、これら3モデル全てがIFAでリリース(発表)される、としています。

信じる・信じないは個々の判断にお任せしますが、以前もお伝えしたように、半年以内に発表・リリースされる未発表Xperiaが現在3モデル存在することは確か。

そして半年以内にある最もメジャーなスマホ発表イベントがIFAという点からして、これら3つのXperiaが同イベント発表されるというのは極自然な流れだと思います。

さらに気になる表現は、

Jack of all Trade…maybe will return for once….

という部分。

これ、Jack of all Traddeとは”何でも屋”や”よろずや”という意味で、よく”jack of all trades, master of none”(器用貧乏)という慣用表現で使われるようです。

ただ、ここでは単にヘッドフォンジャックの”Jack”をかけているだけで、意味は単純にこのIFA発表のXperiaでイヤフォンジャックが帰ってくる、という意味なのかも知れません。

ちなみにこれら3モデルの分かる範囲の概要をまとめると:

PY7-34118S
4月に認証通過、イヤフォンジャックなし、SIM/microSDカードスロットは上部

PY7-70663E
4月に認証通過、イヤフォンジャックなし、SIM/microSDカードスロットは側面

PY7-68553C
5月に4月に認証通過、イヤフォンジャックなし、SIM/microSDカードスロットは上部

そう言えば、Xperia XZ2シリーズもXperia XZ2とXZ2 Premiumは端末上部側面にSIM/microSDカードスロットが搭載、XZ2 Compactだけが横側面にスロット配置、となっています。

よって、ひょっとするとSIM/microSDカードスロット横側面搭載のPY7-70663EはXperia XZ3 Compactに相当する機種かもしれません。

ただ、ソニーは過去にコンパクトXperiaを半年サイクルで出したことはないので、そういった意味では不自然。

一方、だいぶ前にハイエンドのコンパクトXperiaはXZ2 Compactが最後になる、というリーク情報もあったので、ひょっとするとコンパクトでもミッドレンジ・スペックのXperiaという可能性もありますね。

となると残りはXperia XZ3とXZ3の派生モデル、あるいはXA2/XA3シリーズということになりますが、うーん、まだ不確定要素が多すぎて推測すらも絞り込めません。

コメント

  1. アクセス数至上主義 より:

    >ソニーは過去にコンパクトXperiaを半年サイクルで出したことはない

    XZ1Cはなかった事になってるの?
    Z1f→A2→Z3C→A4→Z5Cとずっと半年サイクルですが?
    いつもの事だけどテキトー過ぎ

  2. Alpha より:

    もしイヤホンジャックつくなら買ってもいいかなーと…
    とりあえず機種変するとしたらIFAまで待ってイヤホンジャック非搭載ならXZ1でいいかなー

  3. C より:

    A4とか中身がZ3Cと同じだから結果としてソフトウェアのサポート短くなってるよね。