ソニー「2018年の次期Xperiaは”画期的”」「数ヶ月以内に新型Xperiaを発表」

本日2018年版Xperiaの第1段となるXperia XA2、XA2 Ultra、L2の3ミッドレンジ・モデルを公式発表したソニーモバイル。

この発表のプレスリリース内に今回の3モデル「以外」の機種の展開についてのちょっとした情報が掲載されていました。

We’re targeting 2018 as a breakthrough year, and look forward to showcasing further innovations across the entire Xperia portfolio over the coming months.

意訳すると:

2018年は(Xperiaにとって)画期的な年であり、今後数ヶ月間をかけてさらに革新的なXperiaラインナップを展開します。

2018年版のXperiaについては以前より、インタビュー記事内などで関係者が新デザインについて触れた発言などが紹介されていました。

一方、抽象的な表現とはいえ、ソニー自体の媒体に2018年版次期Xperiaの展開・方向性が掲載されたのは今回が初めて。

”breakthrough”にはいくつか意味がありますが、ここでは「画期的」や「躍進的」といった意訳が適当だと思われます。

これはやはりデザイン面でのメジャーチェンジを指していると思われますが、”over the coming months”ということは「数ヶ月後」ではなく「数ヶ月間をかけて」あるいは「数ヶ月以内に」ということになると思います。

また、今回のような前年版Xperiaのデザイン・コンセプトを踏襲したミッドレンジ機種にこういった表現を使うとは思えないので、やはりXperia XZ1 PremiumやXperia XZ2などといったハイエンドモル、あるいはそれ相当の新名称の機種だと思われます。

つまり、遅くとも夏頃までには何らかの「革新的な変化」をした新型Xperiaが発表されることが今回ソニーによって公式に宣言されたといっても過言ではないと思います。

また、ちょっと前にソニー公式アプリ内の記述からMWC 2018での新モデル発表はない可能性についてお伝えしましたが、今回の情報からすると、仮にもしMWCでの発表はなくとも、独自発表イベントなどでリリース発表、なんてこともあるのかもしれませんね。