MWCで発表の新型Xperiaフラッグシップは3つの”世界初”機能を搭載

2月待つのMWC 2018でプレス・コンファレンスを開催することが確定したソニーモバイル。

”モバイル”に特化したイベントであることから、この場で2018年版の新型Xperiaフラッグシップが発表されることはほぼ確実だと思われますが、この次期Xperiaについて興味深い新情報がでてきました。

このレによると、MWCで発表されるXperiaには最低でも「3つの世界初」の機能あるいは仕様が採用されている、とのこと。

そしてさらにそうちの1つはカメラについてだそうです。

可能性としては色々とありますが、よく考えてみるとXperiaハイエンドモデルは結構「世界初」が多いような気がします。

Xperiaは昨年のMWCではXZ PremiumやXZsのカメラに搭載の960ftpスーパースローモーションが「世界初」でした。
また、4Kディスプレイも当然Xperiaが初。

考えられる「世界初」としては:

・1080p以上での960ftp動画撮影
・4K OLED HDRディスプレイ
「Dynamic Vibration System」関連?
・ToF方式センサー?

といったところでしょうか。

いずれにせよ、新しいカメラセンサーが搭載されることは間違いなさそうですね。

ちなみに今回の情報は正確なリーク情報で知られる人物からのもので、「確実な情報」とのこと。

なお、MWC 2018では以前よりXperia XZ1 ProあるいはXperia XZ Proというモデルがリリースされるという噂や、XZ1 Premium、XZ1 Plus、XZ1sの3モデルが発表されるという情報もあります。

また外観についてもこのMWC発表のXperiaで新デザインが採用という可能性もあれば、新デザインは秋、おそらくIFAで発表の次期Xperiaまでお預け、という噂もあります。

ドコモ2018年夏モデルの新型Xperiaは3機種、最低2モデルはハイエンド・フラッグシップとのリーク