スナドラ835の実力は?ベンチスコアはS821の1.5倍!リファレンス機のベンチマークスコアが発見

クアルコムの新型チップ、「Snapdragon 835」。

2017年リリースの新型Xperia(Xperia XZ Premium?)など、複数のフラッグシップモデルに搭載されることが確実視されていますが、この最新チップを搭載した同社のリファレンス機?と思われるモデルのGeekbenchでのベンチスコアが発見されました。

201702070916

マルチコアのスコアは平均で6200程度といったところ。

Snapdragon 821搭載機のスコアがだいたい4000台前半なので、スコアにして2000ポイント、約1.5倍の性能ということになります。

先日、S835搭載機については先日「Xiaomi MIX EVO」という未発表モデルのベンチスコアが発見されていますが、この際のスコアは5000点台前半。

この「リファレンス機」ではこれよりも2割前後も性能が高くなっており、おそらくこれがスナドラ835の実力といって良いと思います。

ちなみにHuawei Mate 9などに搭載のKirin 960はGeekbenchでのベンチスコアでは現行チップ最高と言われていますが、スコアにバラつきはあるものの、平均は大体6000ポイント台前半。

よって、このスナドラ835とKirin960はほぼ互角の性能といったところでしょうか。

コメント

  1. 坂上 より:

    え、kirin960ってそんないいの?スナドラのが半年近く遅れてるのに同レベってあり得るの?